大聖堂
f0180864_18405871.jpg
Leica MP/Summaron 35mm f2.8


先週NHKのBSプレミアムで再放送された「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」。
偶然初回を観たがために、その後一週間どっぷりとはまってしまいました。

舞台は12世紀のイングランド中世。大聖堂建築という一大事業を軸に、さまざまな人間ドラマが繰り広げられるのですが、韓流ドラマもビックリのドロドロとした陰謀の連続。人間は時代・国を問わずドロドロするものなのですな。

「ブレードランナー」や「エイリアン」などで知られるリドリー・スコット監督が手がけただけあって映画のような迫力。背景や小道具など凝っていて、一気に中世の時代に引き込まれます。

個人的に興味が沸いたのが大聖堂の建築シーン。現代と違い、殆ど人力かつ手作業で巨大な大聖堂を建てていくのですが、「こうやって作っていったんだ~」と、身を乗り出して観てました。完成したものより作りかけのものの方が勉強になるので、もの作りの現場風景はどんなジャンルでも面白いです。知識が乏しかったり技術が未熟だったり見極めが甘かったりで天井が崩れ、人が下敷きになってしまうシーンがあるのですが、なんか今も昔もそう変わらないな~と思ったり。こういう事故は当時よくあったそうです。

それとファッションやジュエリーを含めた当時の生活シーン。この時代は教会が強かった時代。ジュエリーは宗教の為に作られたものも多く、荘厳さを醸すため七宝や色石などが多用され、デザイン的には平面的なものが多いのが特徴です。ジョージアン(1714~1837)とかヴィクトリアン(1837~1901)とか呼ばれている時代よりもさらに昔。否が応でもジュエリーの長い歴史を感じずにはいられません。(6~7000年前の古代文明では、すでにジュエリーがありますからね)
こういうドラマや映画の小道具として、当時のジュエリーを再現する仕事もなかなか面白そうです。


イギリスへ行くとあちこちに大聖堂がありますが、このドラマを観てたら改めて行ってみたくなりました。
by zorroshop | 2012-02-01 18:45 | ZORRO裏話
<< Order Pendant #082 Order Ring #127 >>



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
12月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1130)
(421)
(281)
(136)
(107)
(77)
(74)
(69)
(64)
(63)
(61)
(58)
(56)
(55)
(54)
(54)
(53)
(49)
(49)
(47)
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.