カメオブローチ
f0180864_17341894.jpg
k15YG/Shell Cameo


詳細な年代は不詳ですが、恐らく19世紀中期のヴィクトリアン時代のもの。

当時、カメオはヴィクトリア女王が愛好していたためにとても人気が高く、多くのイギリス人がヨーロッパ中から本場のカメオを持ち帰ったとされています。

デザイン的には「考古学主義」や「自然主義」が流行していた時代。
遺跡から発掘された装身具のデザインや技法に刺激を受けて復元をしたり、花や動物などをモチーフとしたアクセサリーが作られていたそうです。

今回ご紹介のブローチは60mm×50mmと大振りなので、額などに入れてお部屋に飾っておかれても素敵です。

かつてのカメオ職人と金細工職人の見事なコラボレーション。
腕を振るったその見事なまでの細工をどうぞ見にいらしてみてください。
by zorroshop | 2008-09-20 18:19 | antique
<< 透かしのピアス 鳥の巣 >>



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
2月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1141)
(427)
(283)
(136)
(107)
(77)
(75)
(69)
(64)
(64)
(62)
(58)
(56)
(55)
(55)
(54)
(54)
(50)
(49)
(47)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.