カテゴリ:select( 194 )
Reflection
f0180864_17572516.jpg
周囲の光を反射して、まばゆいほどの変化をみせるゴールドの色。
本当の色はどれなのか。本当の色って何なのか。そもそも色って何だろう?

f0180864_1757359.jpg
光と陰の織り成す景色。
光があるから色がある。光の波長の違いが色の違い、であるからして・・・・・な~んて考えてたら、だんだんと「色」ではなくて「光」を放つネックレスに見えてきた。
まばゆいばかりのゴールドビーム・・・。

f0180864_17574463.jpg
K18YG/Italy


今やプラチナよりも高い時期のあるゴールドを、惜しげもなく使ったイタリアのネックレスです。
数年前に仕入れたものですが、今となっては同じ価格で作れないでしょう。
正直者のZORROさんは、昔の値段でやってます。
by zorroshop | 2011-10-18 18:57 | select
Pink Gold Ring With Diamond
f0180864_1213415.jpg
K18PG/Diamond


夏の間に購入した秋物の服をそろそろ着れるかと思い、ウキウキしている今日この頃。10月になっていよいよ涼しくなってくると、洋服を重ねる楽しみが増えてくるとともに、ジュエリーも秋の服に合わせてボリュームを少し足してみたくなってきます。

ボールチェーンのように見える凝った細工を施しながらダイヤの周りを透かしてあるので、一本なのに超極細リングを重ねづけしているかのようにも見えてくるこのリング。どちらかと言えば細身なタイプですが、細すぎない適度なボリューム感と細かな細工が相まって、これ一つでも指の周りが華やかに。
ボリューム感満載なリングではないけれど、華奢なリングの秋バージョンにちょうど良いサイズ感。さらに他のリングと重ねてボリューム感を出せば、これからやってくる冬が一段と楽しくなりそうです。
by zorroshop | 2011-10-12 12:18 | select
Petit Pendant With Alexandrite
f0180864_13553079.jpg
K18WG/Alexandrite 0.11ct


ギリシャ語の金色(khrusos)と緑柱石(beryllos)を語源とする「クリソベリル」という鉱物。その中で特に高く評価されているのが、アレキサンドライトとキャッツアイクリソベリル。どこかで耳にされたことのある名前かと思いますが、今回はそのうちのアレキサンドライトを使ったペンダントをご紹介。

皇帝アレキサンダーⅡ世の名にちなんで付けられたという、その名に恥じない素晴らしい宝石。
太陽の下ではグリーンに、電灯の下ではパープルレッドに色が変化するのが特徴。
比較的高価な宝石の部類に入るが、このサイズなら手頃な価格で手に入る。

f0180864_16501592.jpg
小粒なサイズの中に、ギュッと詰まった細工。
玉粒を集めてクロスのような雪の結晶のような雰囲気に。

f0180864_1655540.jpg
40cmのチェーンに下がってこの大きさ。小さい中でもかなり楽しめる、そんなアレキサンドライトのペンダントは、色の変化をまず試してみたくなる。

変化した色味はぜひ店頭で。かなりきれいに変わります。
by zorroshop | 2011-09-13 17:44 | select
f0180864_1244240.jpg
K18PG/Orange Sapphire


朝露、涙、雨、お酒・・・。
実際の液体なるものによって ”雫” を感じる瞬間は数あれど、このブレスに付いているサファイアは、ダイヤに次いで硬い固体物質でありながら、見事に ”一滴の雫” を感じさせてくれる。


f0180864_14255958.jpg
原石から「削り出された」のではなく、まるで「搾り出された」かのような、ひと雫のサファイア・・・。


f0180864_14461060.jpg
さらに反対側にも、もうひと雫。


f0180864_17204124.jpg
どちらもブリオレットカットのオレンジサファイア。
全面にカットが施されたブリオレットカットは、コロコロと腕の上で動くブレスには最適で、ひっくり返っても気にならない。


このブレスを着けた腕で、赤ワインのグラスを傾ける・・・。
思わずそんな姿を想像してみた。
by zorroshop | 2011-09-05 18:27 | select
シカ
山で鹿に出会うと、向こうからジッと見つめられます。
人間を恐れず、むしろ上から目線で見下ろされている感じ。

凛とした立ち姿は神々しく、神様の使いにふさわしい気品を感じさせます。

そんな気品をお求めの方に・・・

f0180864_17254274.jpg
SV/Marcasite/Garnet

大人ムードムンムンの、素敵な鹿のブローチです。
まるで迷彩柄の如くデザイン化された鹿の姿は、偶然にも背景と同化。
パッと見何だかよくわかりません。

もう少し近づいてみましょう。


f0180864_17315328.jpg

鹿の輪郭が見えてきました。
マルカジットの入れ方や、ミルの入れ方が憎いです。


f0180864_17515830.jpg

世の中に鹿のブローチは数あれど、こういうデザインをされたものは案外少ないかも。
前回ご紹介したムササビ同様、これもまた一目で気に入ってしまったブローチです。
by zorroshop | 2011-08-29 18:36 | select
ムササビ
f0180864_1524235.jpg
SV/Marcasite/Garnet


ちょこっと珍しいムササビのブローチ。
なかなか本物のムササビを目にする機会も少ないですが、ブローチとなるとなおさら少ないかも。
こういうレアなものには、すぐ飛びついてしまいます。
恐らく、見た瞬間、目の輝きが違っていたかも・・・。

しっぽの辺りがなかなか装飾的で、きれいなブローチ。
大きさも全長36mmとかわいらしい大きさです。

f0180864_15122975.jpg

飛んでる姿をうしろから見たらこんな感じ?
丸っこさと、はみ出た足がなんともかわいいのです。


少しずつ足音が聞こえてきた秋の季節。
女性男性問わず、ジャケットの襟元や帽子などに如何ですか?
by zorroshop | 2011-08-27 16:25 | select
キラキラ波紋
f0180864_18505372.jpg

いきなりアップ画像です。

最近イタリアから入ってくるジュエリーには、ゴールド・シルバー問わずこのようなテクスチャーがよく使われています。
ダイヤなどの石が入っていないのにキラキラと輝かせる技。
地金も極力薄くして軽快に。

お陰で価格もお手頃です。

f0180864_18551859.jpg
K18YG/Italy
*チェーンは別売りです。


シンプルなんだけど、ちょっと小技が効いている。
そういうものについつい心がくすぐられます。

胸元に水の波紋のようなきらめきを。
真夏の太陽にも負けない、そんなペンダントです。
by zorroshop | 2011-06-30 19:10 | select
オーバルフクロウ
いや~、あぢぃ~!
いよいよ来たか、夏!という感じです。
「暑いっ!」と言ったって涼しくならないのに、やっぱりついつい「暑いっ!」と言ってしまう。

少しでもと思い、熱を発する照明も控えめに薄暗い中で作業(営業)しております。(結構いい雰囲気だったりします)
ご来店された際、店内が暗いのでもしかして休み?と思われるかもしれませんが、ちゃんと営業しておりますのでご安心を。


さてさて、今回は暑さに負けず、久しぶりにシルバーものをご紹介。

f0180864_16402768.jpg
SV/Marcasite/Enamel


楕円(オーバル)の中にピッタリとフクロウを収めた、愛らしいデザインのペンダントです。
羽にエナメル、お腹にマルカジット。パッチリおめめにはキュービックがキラキラしてます。

f0180864_17302835.jpg


装飾的でありながら、ツルンとした形のせいか暑苦しくなく、夏の夜に良いかと・・・。
そう言えば、フクロウは夜行性。
今年の夏は暑さを避けて、人間も夜行性の人が増えるのでしょうか?
もしくは早朝型人間か?

南国では、一番暑い昼間の時間に外を歩いている人は少ないとか。
そうだよな~、それが自然だよな~、と思うけど、それだと昼間お客さんはだれも来ない事に・・・。

皆さん!暑いですけどZORROまで遊びにいらしてください!
by zorroshop | 2011-06-28 18:11 | select
愛のウラオモテ
前回に引き続き、またしても愛をはかってみました。
(前回も申し上げましたが、ハートのペンダントトップの大きさをはかっただけです。)

しかも今回は、「裏表のある愛」。
なんだか意味深なようですが、深い意味はありません。


まずは表からいってみましょう。


f0180864_16272263.jpg

表側は情熱の赤色代表、ルビー。
今回のハートには、ラウンドカットの石が使われてます。
ぷっくりとした形とあいまって、前回のペンダントとはまた違った表情。
小さなサイズの石を使うと、曲面がきれいに表現できます。

肝心の、愛(ハート)の大きさは、6×4.5mm。
こちらも結構小さめサイズです。



そしてそして、気になる裏側は・・・。



f0180864_1633115.jpg
K18PG/Ruby/Diamond

なんと、クールにダイヤモンドできめてます。
表情がガラッと変わるので、いろいろなシーンで使えそうです。
日によって変えてみたり、昼と夜で変えてみたり。

「あれっ?さっきまで違うネックレスしてなかった?」
友人にそう言われてニコニコしている姿が目に浮かんできます。


表と裏のあるのが人生~♪
      ペンダントだって表裏あり~♪


そんな唄があったとかなかったとか・・・。
上手に使い分けてみてください。
by zorroshop | 2011-06-25 17:38 | select
愛をはかる


「愛をはかる」



どえらいタイトルですが、入荷したてのハートのペンダントトップの大きさをはかってみただけです。
ハート=愛なのか? という議論はさておき、こちらのハート型トップ、とっても小さいのです。
その大きさ、5×3.65mm。

f0180864_18513783.jpg


「5×3.65mmの愛」

なんだか映画のタイトルに使えそうですが、そんなちっぽけなのかよ!とも言われそうです。

f0180864_19381762.jpg
K18WG/Sapphire
K18PG/Ruby


青いのがサファイア。 赤い方がルビー。
四角いカットの石を3ヶ使い、端の2ヶはハートのカーブに合わせて研磨されてます。
どちらもミステリーセッティング (石の下の方に溝が切られ、そこに地金が食い込むことで宝石を固定する留め方) なので表に爪がなく、シンプル度高め。
シンプルでカワイイ。そんな印象です。

そんなトップを引き立たせるよう、チェーンは超極細を使用。
引っ掛けないようにくれぐれもご注意を。



とっても小さなハートですが、このネックレスにまつわる愛はきっと大きいことでしょう。
そう願っております。
by zorroshop | 2011-06-23 20:56 | select



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
10月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1101)
(410)
(276)
(136)
(104)
(77)
(69)
(68)
(64)
(63)
(61)
(58)
(56)
(55)
(54)
(53)
(53)
(49)
(47)
(47)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.