ダイヤモンドの蝶
今日は久しぶりに自宅から店まで自転車で来てみました。
朝から身体を動かすのはやっぱり気持ちイイ!
今くらいの季節が丁度いいです。夏になるとどうしたって汗をかいてしまうので・・・・

そんな道すがら、蝶を目にしました。う~ん、春っぽい!
という訳で、今日は蝶のペンダントをご紹介。

f0180864_1717569.jpg

K18WG/Diamond 0.2ct

蝶はいろいろなジャンルで良くモチーフに使われていますが、今回ご紹介するのはフェミニンな感じのペンダントです。
二匹の蝶が舞っているようなデザインで、パッと見だと花のようにも見えますね。
少しチェーンから下がる感じになるので、胸元で蝶が揺れてとてもかわいいですよ!

明日の日曜日、東京の天気は晴れの予報。
蝶のようにヒラヒラフラフラとどこかへ行くつもりです♪
# by zorroshop | 2009-04-18 18:26 | select
イメージすること
目の前に置かれた素材から形をイメージする。
何も無いゼロから作るのではなく、素材の力を借りながらものを作っていく。
自分の方へ強引に引き寄せるのではなく、素材の方へ歩み寄る感じ・・・・

ジュエリーに限らず、ものを作る時に感じる気持ちです。

f0180864_14531076.jpg


「バロックパール」
自然が生み出した、一つとして同じ形の無いもの・・・・

あらゆる角度から眺め、デザインを考えていく。
抽象的だったり具象的だったり、その中間だったり・・・・

さあ、皆さんならどんなデザインにしてみますか?
素材の語る答えは一つではありません。

イメージは曖昧でも大丈夫。
皆さんの頭の中にある何となくなイメージに輪郭を与えたり、実際に形にするのがZORROの役目。
どんどんイメージしてみてください!楽しくなってきますよ!
# by zorroshop | 2009-04-17 15:16 | ルース
Bird Seal
二羽の鳥が抱き合っているような、微笑ましいデザインのシール(印章)です。
印面にはグリーンメノウが使われ、表からでも隙間から緑色がのぞいて見えます。(文字は入っていません。)
f0180864_14184587.jpg

K9/Green agate

シールとは封書などを封印するために使われたもので、印面には持ち主の紋章やイニシャルなどが彫られていました。

元々は男性の持っていた懐中時計の鎖にぶら下げられていた事が多く、幾つも束で下げる人もいたとか。今で言う、携帯電話のストラップみたいです!
きっと新しいものを手にしては自慢し合っていたのでしょうね。

後に女性にも広まり、現代ではペンダントとして使われることの多いアイテムです。
# by zorroshop | 2009-04-16 15:50 | antique
アンニョンハセヨ!
先週末の土曜日から、韓国へ行ってきました。
小学校の同級生が結婚式を挙げるというので大喜びで飛んでいったのですが、自分にとって今回が初めての韓国旅行。
ただの観光旅行だけでなく、異国の結婚式に参加できて(しかも歌まで歌ってしまいました!)とても楽しい思い出に・・・・呼んでくれた新郎新婦に感謝です!

今回は二泊三日ということで、ドタバタとあまり時間がなかったのですが、料理・人柄・文化・流行などなどいろいろある中で一番強く感じたのは、こんなに近いのに言葉・文字がまったく分からないという何だかとても基本的なこと。
見た目では日本の風景とそんなに変わらないのに、言葉がまったく理解できないのがなんとも不思議な感じでした。

欧米などの英語圏や、英語でなくてもローマ字を使っている国では、街を歩いたりしていても何が書いてあるのかおおよそ分かるのですが、ハングル文字はさっぱり分からず・・・
だんだん文字ではなく記号とかマークのように見えてきて、デザイン的に面白く感じたりしてしまいました。
f0180864_16442421.jpg

この感覚って、日本語をまったく知らない人が日本語を見るようなのと同じなのかな?
日本語は漢字・ひらがな・カタカナとあるから、更に分かりづらくそして面白いんでしょうね。
英語がローマ字一種類なのと同じく、韓国の場合も殆どハングル文字しかないので、新聞なども統一感があってすっきりとした印象です。

でも、読めない・・・英語以上にわからない・・・
世界の広さ・奥深さを、近いと思っていたお隣の韓国で改めて感じてしまいました。
f0180864_16445311.jpg

上の写真は、現在韓国で開催されているらしい「クリムト展」のパンフレット。
かわいらしい洋服のお店に置いてあったので眺めていたら、お店の方が日本語バージョンを出してくれました。見比べると面白そうだと思い、両方いただく事に・・・・

ガラスのリングは、前回ご紹介したリング(*)と同じ、イタリアの「MURANO GLASS」製。
こうして見るとオリエンタルな雰囲気にぴったり。
和服に合わせてみるのも素敵です!



と言うわけで今回の内容は旅行の報告メインでしたが、読んでいただいた方、
カムサハムニダ! (감사합니다/ありがとうございます!)
# by zorroshop | 2009-04-14 19:45 | ZORRO裏話
Lace pendant parts
溜め息のでる美しさ・・・

今回は説明なしでお届けします。
ゆっくりとお楽しみください・・・

f0180864_174725100.jpg

f0180864_17473979.jpg

f0180864_17475232.jpg

K18YG/WG reversible type
left : h50mm×w30.5mm
right : h30mm×w24mm


ぜひ実物を御覧になってみてください・・・
明日11日(土)より店頭に並びます!
# by zorroshop | 2009-04-10 18:50 | select
Green Quartzのピアス
桜の花びらが吹雪のように舞っています。
まわりの空気もうっすらピンク色に見えて、本当に綺麗・・・

そんな季節に、こんな淡い雰囲気のピアスが届きました。
f0180864_1384616.jpg

K18PG/Green Quartz

イタリアのデザインで、ピンクゴールドと淡いグリーンクォーツの組み合わせ。

石のカットが両面ともチェッカーズカットになっているので、後から見ても「裏」という感じがなくて綺麗な仕上がりに。
耳たぶより下がるタイプのピアスは、裏側も見えるので結構重要なポイントですよね。

周りの縁も凝った細工になっていて、アクセントとなっています。


春の柔らかい光の中で、きらきらと優しく煌めくピアスです。
# by zorroshop | 2009-04-09 14:37 | select
楽器のピルケース
f0180864_14332874.jpg

SV/56mm


ちょっぴり楽しいピルケースです。
ギターの形になっていて・・・と思ったら、弦が4本だからウクレレですね。
表面に彫り柄が入っています。
裏はチェーンを通せるようになっているので、ペンダントにしたり、ぶら下げて飾ったり・・・
思わず鼻歌を歌ってしまいそうなアイテムです。

ウクレレや楽器が大好きな方へプレゼントされると、とても喜んでいただけると思いますよ!



後でのぞき込むように顔を出しているウサギは、以前ご紹介した(*)事のある「HANTEL」のミニチュア。
「不思議の国のアリス」シリーズで、時計を手にして「遅れちまった!」と言いながら走っている、あの白ウサギです。
きちんと外套を着て時計を持っているんですよ!

こちらもかわいいです!
# by zorroshop | 2009-04-07 17:23 | select
春~♪
f0180864_17292882.jpg

いや~春です!
今日はスタッフ皆で花見をしてきました。
ポカポカ陽気で気持ち良く、お花見弁当を食べながら、ビール・日本酒・紹興酒・シェリー酒と、いろいろ飲んでほろ酔い気分♪


毎年精一杯咲いてくれる桜の花に感謝しつつ・・・
皆さんも良いお花見を!
# by zorroshop | 2009-04-06 19:42 | ZORRO裏話
春のネックレス
f0180864_1229821.jpg

Agate/Aquamarine/Jade/SmokyQuartz/42cm


春の気分をそのまま表現したようなネックレスです。

明るいパステルトーンにスモーキークォーツの濃い茶色をアクセントとし、透明と不透明両方の石を上手に配置。
丸玉とカットや彫刻の施された石とのコントラストも絶妙で、トータルでのバランス感覚に優れたイタリアからのネックレスです。


開いた胸元にのぞかせて、気持ちのいい春の街を歩いてみたくなります。
# by zorroshop | 2009-04-04 17:39 | select
Pique
気付いたらいつの間にか4月になってました。
東京の桜も、場所によっては満開。
早いです、月日が経つのが・・・

先日、何かの雑誌に面白いコメントがありました。
その方(お名前忘れてしまいました。ごめんなさい!)も年齢を重ねるごとに月日の経つのが早く感じると述べられ、

40代の自分が感じるんだから、70・80歳になったらどうなるんだろう・・・

「あけましておめでとうございます。近頃は天気も良く桜も満開となりましたが、本当に暑くてたまりませんね。でも近々紅葉狩りにでも行こうかと思っています。それではメリークリスマス!」

こんな感じかもしれない・・・・


というような内容が書いてありました。(記憶を頼りに書いたので、実際の文章とは多少違うかもです)
思わず笑ってしまいましたが、「そうかも!」と言いたくなるようなコメントでした。



そんな月日を逆回しにして楽しむのがアンティーク。
f0180864_1958187.jpg


今回ご紹介するのは「ピクウェ」と呼ばれるもので、べっ甲や象牙に金、銀、あるいは真珠の母貝を象嵌したもの。
その技術は一家相伝で代々受け継がれてきましたが、19世紀末までしか製作されておらず、現在ではまったく途絶えてしまったものです。

ものの本によると、初めて作られたのは16世紀末から17世紀頃。
フランスのユグノー教徒によって聖職者へ献じる為に作られ始めたものとされていて、1685年のナント勅令の廃止によりフランスを追放されたユグノー教徒がイギリスに多数亡命。
それによりイギリスでもピクウェが作られるようになったそうです。

知識的なお話はこの辺で終しまい。
それよりも何よりもその繊細な美しさに見とれてしまいます。
日本の漆工芸にある蒔絵にも似た雰囲気で、なんとなく親しみやすいような・・・

色味がシックで使いやすく、軽いべっ甲で出来ているので薄手の生地にも着けられます。
状態としては所々欠けがあったりしますが、とても雰囲気のあるブローチです。


f0180864_13185324.jpg



さて、本来アンティークと呼べるのは、それが作られてから100年以上経っているもののみとされています。(一部特定の人達での定義でしかありませんが)
100年経っていないものは、ジャンクとかヴィンテージなどと呼ばれたりもしますが、100年という年月を考えてみた時に「100年も前」なのと「たかだか100年」とではまるで違ってきますよね。
長い歴史の中では100年なんてあっという間。

でも、現在アンティークと呼ばれているものも、それより遥か昔に作られたジュエリーを参考にしながらその時代の流行を取り入れたり、新しい素材や技術を駆使するなどの改良を少しずつ加えながら作られたもの。
そこに「時間」というものが加わって、歴史の一部になっていく・・・
つまり「たかだか100年」というほんの少し前に作られたものでも、それ以前の膨大な歴史がそこには詰まっているとも言えます。

そこから学べる要素は山のよう!
ジュエリーに限らず、過去に作られたものには教わる事がいっぱいあります。
技術だったりデザインだったり、職人の心意気だったり当時の人のお洒落に対する執着心だったり・・・
そこから学んで現代に生かしながら、新たなものを作っていく。
言ってみれば、「後出しジャンケン」をしているようなわけですから、一歩、いや半歩でも前進したいもの・・・
歴史に薄皮を一枚ずつ積み重ねていくようにZORROも前進していこうと思います!




なんだか今日は少し長い文になってしまいましたが、一年の経つのが早く感じるという話からついつい膨らんでしまいました。
100年がほんの少し前と感じるなら、一年なんてあっという間なのも無理のない話。
でも、毎日を大事に精一杯生きていくと、今よりもう少し一日が長く感じるかもしれませんね。
無為に過ごしてしまわないようにしないとです!
(何も考えずにただボーっとするのも必要。ボーっとする時は精一杯ボーっとします!)


次回はもっとあっさりいきますよ!
# by zorroshop | 2009-04-03 14:12 | antique



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
12月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1130)
(421)
(281)
(136)
(107)
(77)
(74)
(69)
(64)
(63)
(61)
(58)
(56)
(55)
(54)
(54)
(53)
(49)
(49)
(47)
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.