タグ:ダイヤモンド ( 136 ) タグの人気記事
Original Slice Diamond Pierces -2012-
前回に引き続き、スライスダイヤのシリーズをご紹介。
今回はピアスを二つ。

f0180864_16563979.jpg
K18YG/Slice Diamond

こちらはハンギングの1ピースタイプです。1ピースですが、大き目のダイヤを使ってあるので存在感かなりあります。耳の下にダイヤが下がるので、ユラユラ揺れながら光が透けたりキラキラ反射したりと表情も豊か。ちょっと憎いのがコロコロ揺れる小さなゴールドの玉。さらにそれに合わせハンギングパーツもオリジナルで作ったもので、ひねりが効いてます。こういうちょこっとした所に心が奪われてしまうのは自分だけなのでしょうか?

f0180864_1657724.jpg

このピアス、かなり使い勝手が良く、知らぬ間に出番も増えていきそうです。

続いては、エレガントな3ピースタイプ。

f0180864_17113368.jpg
f0180864_17114412.jpg

K18YG/Slice Diamond

ペンダントとお揃いのデザイン。ゴールドパーツのテクスチャーが憎いです。3ピースですが小振りなサイズのダイヤを使用してあるので、割とライトな感じです。何といっても形が不揃いなのが楽しく、それでいて左右なんとなく対称になっているのがミソ。形に表情ありです。さらに3ピースそれぞれが好き勝手な動きをするので、あっち向いてキラッ!こっち向いてキラッ!

f0180864_1711175.jpg


トップのゴールドパーツと相まって長めに下がるので、エレガントでモダンなテイストに仕上がってます。


ペンダントもそうですが、ピアスは着けてる本人よりも周りの人からのほうが良く見えます。その分効果は大きいでしょう。きっと人から見たらダイヤのみならず、顔全体が・・・いや、その人全体がキラキラ輝いて見えるかもしれません。



さて、次回はスライスダイヤシリーズ第三弾、ブレスレットをご紹介します。乞うご期待を!
by zorroshop | 2012-04-12 18:35 | original
Original Slice Diamond Necklace -2012-
f0180864_17171092.jpg
f0180864_17173679.jpg
f0180864_17174665.jpg
K18YG/Slice Diamond


実物を見てみるまでわからないかもしれない薄くスライスされたダイヤの魅力。
ブリリアントカットのダイヤを見慣れた目には、新鮮・斬新・強烈・疑惑・・・・と言った言葉が突き刺さり頭の中が渦を巻きます。本当にこれはダイヤなのかと思うほど、一見ダイヤには見えないそれも、反射した光はまさにダイヤ・・・・いや、こういう輝き方はやっぱりスライスならではかと。ブリリアントカットとはまるで違う輝きを放ちます。

以前、ルースでご紹介しましたが、一粒でも圧倒的な存在感があるものを今回ふんだんに使ってみたところ、眩しいほどの仕上がりになってしまいました。(照明の下だとホント眩しいのです!)

はっきり言って、今回の写真は全然ダメです。スライスダイヤの魅力がまったく伝わってません。なので、ぜひ実物をご覧になってみてください。
他のデザインのネックレスも今回一気にご紹介します。
どれも自然の形を生かしたまま作られてますので同じものはご用意できません。気になるものがあったらどうぞお早めに!

f0180864_1749257.jpg
f0180864_17491256.jpg
K18YG/Slice Diamond

こちらは眩しすぎない3ピースのペンダントタイプ。チェーンを通すバチカン部分に一技ありです。
スライスダイヤも面白い形のものを選んでみました。


f0180864_17492455.jpg
K18YG/Slice Diamond/Rough Diamond Beads

こちらはスライスダイヤの輝きと、ラフダイヤの落ち着いた雰囲気とをミックスしたユニークなタイプ。
マルチカラーのラフダイヤビーズが優しい表情をみせます。
f0180864_17493687.jpg
他のネックレスも同じですが、光が透けるとこんな感じ。
こうなるとインクルージョンはもう景色です。
f0180864_17494623.jpg
f0180864_17514037.jpg
ラフダイヤのチェーンだけというのも使い勝手良さそう・・・


ちなみに、スタッフが携帯で撮影した写真の方が反射感がバリバリ出ていたので、輝きの参考までに・・・
f0180864_18372693.jpg
ピカ~ン!


このスライスダイヤシリーズ、ピアスやブレスもあるので、こちらも後日ご紹介しますね。
by zorroshop | 2012-04-10 19:05 | original
A Parrot Of Aquamarine
f0180864_16402100.jpg
K18YG・WG/Aquamarine/Diamond

昨年発表したオリジナルのペンダント。
すでに実物をご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、その全貌をweb上に載せるのは今回が初めてです。
BOSS(ZORROオーナー)が空いた時間を使ってコツコツとつくりました。
スタートはアクアマリンのオウムから。この石を見つけてからじっくりとデザインを決めること数年?昨年ようやく完成した次第です。下に下がっているのはあのフラットカットダイヤモンド。こちらは取りはずし可能となっています。樹の枝の間からのぞく小さなダイヤの実も可愛らしく、立体的かつ繊細なつくりです。
額縁に入れて展示してありますので、どうぞ実物もご覧になってみてください。


さて、昨日から営業をスタートさせた今年のZORRO。 初日は結婚指輪のオーダーをいただき、幸先の良いスタートを切ることができました。本日も、お母様からお嫁さんへのプレゼントを選びに来てくださったりと、ここぞという時にZORROを選んでいただきとても嬉しい限りです。

ZORROのお客様には、知り合いの方やご家族のご紹介で来てくださる方がとても多く、そんなお客様の輪がどんどん大きくなっています。(家系図のようにしてみたら思わぬところでお友達の輪が結ばれたりして面白そうです!)
webページ以外ではほとんど宣伝らしいことをしていないZORROが今でもあるのは、そんな皆様のお陰です。本当にありがとうございます。これからもどうぞ細く長~いお付き合いの程よろしくお願いします!
by zorroshop | 2012-01-07 18:02 | original
7ct と 5ct と 1ct と
f0180864_19565556.jpg
Diamond
左から 7.063ct / 1.006ct / 5.021ct


先週まで店頭に並んでいたダイヤモンドのルース2ヶ。
その大きさは、リングにセッティングされている直径6.3mmの1.006ctのダイヤが小さく見えてしまうほど。「大きけりゃイイってもんじゃない」とは言いますが、コレは別物。魅力に満ち溢れてます。

このサイズになってくると、ただ大きいというだけでなく、世界が動いてしまいそうな絶大なパワーを宿しているような気がしてしまいます。そして身につければ、そのパワーが自分の中にも入ってくるような、そんな気さえしてしまうのです。
よって、くれぐれもご注意を。



ZORROでは、こんなサイズのダイヤもご用意いたします。
お探しの方は、下記の番号までお電話を。

03-5774-8221

お待ちしております。
by zorroshop | 2011-12-13 20:34 | ルース
Bracelet × 2
f0180864_165882.jpg
ひっさびさのアイテム紹介。アンチオーダー派の皆様(いるのかな?)お待たせしました。
出合ったその日から使えるというのがオーダーにはない良いところ。
今回ご紹介するブレスレットも、すぐさま連れて帰れるアイテムです。

f0180864_1652483.jpg
こちらは以前ご紹介したオレンジサファイアのブリオレットカットを使用したブレスのゴージャスバージョン。全部で5+1(アジャスター部分にも1個付いてます)で6個のサファイアが付いてます。色も大きさもグラデーションになっているので、微妙なニュアンスが出ています。

f0180864_1653325.jpg
こちらはローズカットのダイヤモンド。ミル打ちされたフクリンでクラシックな雰囲気に。ローズカットの人気は急上昇中です。

f0180864_1654410.jpg
f0180864_1655434.jpg
久々なので、斜めから正面からとパシャパシャ撮りまくり。

f0180864_166371.jpg
どちらのブレスを連れていかれますか? 両方共というのはいけませんよ。
by zorroshop | 2011-11-29 16:42 | select
2011 London-004
f0180864_2012933.jpg
今回は観光らしく、V&Aのすぐ隣にある「自然史博物館」にも行ってみました。ここも膨大な量の展示物があるので、全部見てたらもう大変。なので、我々は宝石が陳列されてるという「アース・ギャラリー」へ一直線!

f0180864_20161781.jpg
この博物館は大人も・・・

f0180864_20164487.jpg
子供も楽しめる、

f0180864_2017989.jpg
と~っても広い博物館。

f0180864_20174862.jpg
アース・ギャラリーまで行く途中には、ドードーがいたりします。さらに奥へ奥へとズンズン進んで一直線に向かうはずが、道に迷って入り口に戻っちゃったりしつつ・・・
f0180864_20182685.jpg
ようやくたどり着いたアース・ギャラリーの宝石コーナー。こんな感じで様々な宝石が陳列されてます。ホープダイヤモンドなど、名前が付くほど有名なビッグダイヤモンドもごろごろ並んでますが、こちらは全部模型です。

f0180864_20201732.jpg
ダイヤモンドの原石をカットする始めの一歩!を説明している模型。展示ボックスの隅に寄っちゃってたり、埃かぶってたりであまりやる気のない感じ・・・。

f0180864_12173817.jpg
ZORROに置いてある宝石図鑑にも掲載されていた仏像真珠を発見! 図鑑によれば・・・

「仏像のミニチュアを作るために小さな鋳物を真珠母貝(カラスガイ)の貝殻の内側に入れた。母貝は鋳物をおおうように真珠層を分泌し、あばた状の真珠を形成する。この真珠はあとではがされるが、裏側は台で隠すか真珠層でおおう。」 宝石の写真図鑑-日本ヴォーグ社より

とあります。
図鑑で見た時は「うへ~っ」と思いましたが、実物を見たらまんまるお腹に目がいきました。


普段宝石を見慣れているせいか、この博物館は動物や植物、魚、昆虫、恐竜などを扱う「ライフ・ギャラリー」の方が面白いかも、と思っちゃいました。次の機会にはそちらのコーナーをまわってみます!

f0180864_0481413.jpg
Leica MP/Summaron 35mm f2.8

これなんかは綺麗でしたよ。

ちなみに史上最大のダイヤモンドは・・・
by zorroshop | 2011-11-25 20:18 | ZORRO裏話
Pink Gold Ring With Diamond
f0180864_1213415.jpg
K18PG/Diamond


夏の間に購入した秋物の服をそろそろ着れるかと思い、ウキウキしている今日この頃。10月になっていよいよ涼しくなってくると、洋服を重ねる楽しみが増えてくるとともに、ジュエリーも秋の服に合わせてボリュームを少し足してみたくなってきます。

ボールチェーンのように見える凝った細工を施しながらダイヤの周りを透かしてあるので、一本なのに超極細リングを重ねづけしているかのようにも見えてくるこのリング。どちらかと言えば細身なタイプですが、細すぎない適度なボリューム感と細かな細工が相まって、これ一つでも指の周りが華やかに。
ボリューム感満載なリングではないけれど、華奢なリングの秋バージョンにちょうど良いサイズ感。さらに他のリングと重ねてボリューム感を出せば、これからやってくる冬が一段と楽しくなりそうです。
by zorroshop | 2011-10-12 12:18 | select
逆行
f0180864_13321055.jpg
Diamond -Briolette Cut-


古い織機を使って低速でゆっくりゆっくり織っていかないと、昔の布地の風合いを出すことは難しいという話を聞いた。現代の高速織機では作り出せない独特な雰囲気。ヴィンテージの布地や、あえて古い織機を使って作り出す布地が人気らしい。

現代なら何でも出来てしまいそうだけど、昔のものでなければ決して作れないものが確かに存在する。単に懐古趣味というだけではなく、完璧ではないことの安心感であったり、優しさだったり、純粋に面白さだったり・・・。なんとなく人間味があるような、そんな気がするから惹かれてしまうのか。


ブリオレットカットのダイヤをZORROで扱い始めたのが10年以上前。
他にも自分達の琴線に触れるダイヤを集めてみれば、ローズカットやスライスカット、ラフカット(原石)と、なぜか時代を逆行している・・・・・かと思いきや、気が付けば今ではそれが時代の流れになっていたりして。
時代が一回りも二回りもしているだけかもしれないけど、どの時代においても過去に作られたものを見つめなおすことは、必要であり大切なことなんだと思う。

逆行がいつの間にか順行になっている。
そんな現象が、ジャンルを問わずあちこちで起こっている。
by zorroshop | 2011-09-06 19:05 | ルース
Cliff -Pendants Ⅲ-
f0180864_19383218.jpg
K18PG/Diamond


本日23日(火)より、通常通り営業しております。
肌寒かったり暑かったりな毎日ですが、まだまだ暑さは続きそう。
体調を崩さないように気をつけないとです。
油断するとすぐお腹壊しそう。

写真はCLIFFシリーズで一番小さなペンダント。
指輪をそのまま小さくしたような形です。
一周ダイヤが入っているので、クルクルしたって大丈夫。
お手持ちのチェーンに通してお使いいただけます。
他の地金や石でも作ることが出来ますので、お気軽にお問い合わせください。
by zorroshop | 2011-08-23 20:06 | original
愛のウラオモテ
前回に引き続き、またしても愛をはかってみました。
(前回も申し上げましたが、ハートのペンダントトップの大きさをはかっただけです。)

しかも今回は、「裏表のある愛」。
なんだか意味深なようですが、深い意味はありません。


まずは表からいってみましょう。


f0180864_16272263.jpg

表側は情熱の赤色代表、ルビー。
今回のハートには、ラウンドカットの石が使われてます。
ぷっくりとした形とあいまって、前回のペンダントとはまた違った表情。
小さなサイズの石を使うと、曲面がきれいに表現できます。

肝心の、愛(ハート)の大きさは、6×4.5mm。
こちらも結構小さめサイズです。



そしてそして、気になる裏側は・・・。



f0180864_1633115.jpg
K18PG/Ruby/Diamond

なんと、クールにダイヤモンドできめてます。
表情がガラッと変わるので、いろいろなシーンで使えそうです。
日によって変えてみたり、昼と夜で変えてみたり。

「あれっ?さっきまで違うネックレスしてなかった?」
友人にそう言われてニコニコしている姿が目に浮かんできます。


表と裏のあるのが人生~♪
      ペンダントだって表裏あり~♪


そんな唄があったとかなかったとか・・・。
上手に使い分けてみてください。
by zorroshop | 2011-06-25 17:38 | select



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
5月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1047)
(392)
(263)
(136)
(100)
(77)
(64)
(63)
(62)
(61)
(58)
(56)
(56)
(54)
(53)
(51)
(49)
(46)
(46)
(45)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.