タグ:ネックレス ( 63 ) タグの人気記事
Original Slice Diamond Necklace -2012-
f0180864_17171092.jpg
f0180864_17173679.jpg
f0180864_17174665.jpg
K18YG/Slice Diamond


実物を見てみるまでわからないかもしれない薄くスライスされたダイヤの魅力。
ブリリアントカットのダイヤを見慣れた目には、新鮮・斬新・強烈・疑惑・・・・と言った言葉が突き刺さり頭の中が渦を巻きます。本当にこれはダイヤなのかと思うほど、一見ダイヤには見えないそれも、反射した光はまさにダイヤ・・・・いや、こういう輝き方はやっぱりスライスならではかと。ブリリアントカットとはまるで違う輝きを放ちます。

以前、ルースでご紹介しましたが、一粒でも圧倒的な存在感があるものを今回ふんだんに使ってみたところ、眩しいほどの仕上がりになってしまいました。(照明の下だとホント眩しいのです!)

はっきり言って、今回の写真は全然ダメです。スライスダイヤの魅力がまったく伝わってません。なので、ぜひ実物をご覧になってみてください。
他のデザインのネックレスも今回一気にご紹介します。
どれも自然の形を生かしたまま作られてますので同じものはご用意できません。気になるものがあったらどうぞお早めに!

f0180864_1749257.jpg
f0180864_17491256.jpg
K18YG/Slice Diamond

こちらは眩しすぎない3ピースのペンダントタイプ。チェーンを通すバチカン部分に一技ありです。
スライスダイヤも面白い形のものを選んでみました。


f0180864_17492455.jpg
K18YG/Slice Diamond/Rough Diamond Beads

こちらはスライスダイヤの輝きと、ラフダイヤの落ち着いた雰囲気とをミックスしたユニークなタイプ。
マルチカラーのラフダイヤビーズが優しい表情をみせます。
f0180864_17493687.jpg
他のネックレスも同じですが、光が透けるとこんな感じ。
こうなるとインクルージョンはもう景色です。
f0180864_17494623.jpg
f0180864_17514037.jpg
ラフダイヤのチェーンだけというのも使い勝手良さそう・・・


ちなみに、スタッフが携帯で撮影した写真の方が反射感がバリバリ出ていたので、輝きの参考までに・・・
f0180864_18372693.jpg
ピカ~ン!


このスライスダイヤシリーズ、ピアスやブレスもあるので、こちらも後日ご紹介しますね。
by zorroshop | 2012-04-10 19:05 | original
Original Pearl Necklace With Gold -2012-
f0180864_141211.jpg
f0180864_141124.jpg
f0180864_1412076.jpg
f0180864_1412746.jpg
K18YG/Baroque Pearl


ぞろ市で発表したオリジナルのネックレス。ゴールド系のパールと明るいイエローゴールドを組み合わせ、とてもいい雰囲気に仕上がってます。
バロックパールを使用しているため一つずつ形を合わせながら作らねばならず、チェーンも一コマずつ手作りなので結構手間がかかりますが、既製のパーツやチェーンを使ったものとはまた違う良さがあります。

なるべく早く簡単に、コストをかけないモノづくり。ある意味必要なことなのかもしれませんが、それだけではあまりにつまらないし、どこか空ろな気配がして飽きてしまう時があります。
じっくり手間がかけられたものを手にした時の充足感、年月が経つほど味わい深くなってくる表情・・・そんな楽しみがあるネックレスだと思います。
by zorroshop | 2012-04-06 20:36 | original
Reflection
f0180864_17572516.jpg
周囲の光を反射して、まばゆいほどの変化をみせるゴールドの色。
本当の色はどれなのか。本当の色って何なのか。そもそも色って何だろう?

f0180864_1757359.jpg
光と陰の織り成す景色。
光があるから色がある。光の波長の違いが色の違い、であるからして・・・・・な~んて考えてたら、だんだんと「色」ではなくて「光」を放つネックレスに見えてきた。
まばゆいばかりのゴールドビーム・・・。

f0180864_17574463.jpg
K18YG/Italy


今やプラチナよりも高い時期のあるゴールドを、惜しげもなく使ったイタリアのネックレスです。
数年前に仕入れたものですが、今となっては同じ価格で作れないでしょう。
正直者のZORROさんは、昔の値段でやってます。
by zorroshop | 2011-10-18 18:57 | select
愛のウラオモテ
前回に引き続き、またしても愛をはかってみました。
(前回も申し上げましたが、ハートのペンダントトップの大きさをはかっただけです。)

しかも今回は、「裏表のある愛」。
なんだか意味深なようですが、深い意味はありません。


まずは表からいってみましょう。


f0180864_16272263.jpg

表側は情熱の赤色代表、ルビー。
今回のハートには、ラウンドカットの石が使われてます。
ぷっくりとした形とあいまって、前回のペンダントとはまた違った表情。
小さなサイズの石を使うと、曲面がきれいに表現できます。

肝心の、愛(ハート)の大きさは、6×4.5mm。
こちらも結構小さめサイズです。



そしてそして、気になる裏側は・・・。



f0180864_1633115.jpg
K18PG/Ruby/Diamond

なんと、クールにダイヤモンドできめてます。
表情がガラッと変わるので、いろいろなシーンで使えそうです。
日によって変えてみたり、昼と夜で変えてみたり。

「あれっ?さっきまで違うネックレスしてなかった?」
友人にそう言われてニコニコしている姿が目に浮かんできます。


表と裏のあるのが人生~♪
      ペンダントだって表裏あり~♪


そんな唄があったとかなかったとか・・・。
上手に使い分けてみてください。
by zorroshop | 2011-06-25 17:38 | select
愛をはかる


「愛をはかる」



どえらいタイトルですが、入荷したてのハートのペンダントトップの大きさをはかってみただけです。
ハート=愛なのか? という議論はさておき、こちらのハート型トップ、とっても小さいのです。
その大きさ、5×3.65mm。

f0180864_18513783.jpg


「5×3.65mmの愛」

なんだか映画のタイトルに使えそうですが、そんなちっぽけなのかよ!とも言われそうです。

f0180864_19381762.jpg
K18WG/Sapphire
K18PG/Ruby


青いのがサファイア。 赤い方がルビー。
四角いカットの石を3ヶ使い、端の2ヶはハートのカーブに合わせて研磨されてます。
どちらもミステリーセッティング (石の下の方に溝が切られ、そこに地金が食い込むことで宝石を固定する留め方) なので表に爪がなく、シンプル度高め。
シンプルでカワイイ。そんな印象です。

そんなトップを引き立たせるよう、チェーンは超極細を使用。
引っ掛けないようにくれぐれもご注意を。



とっても小さなハートですが、このネックレスにまつわる愛はきっと大きいことでしょう。
そう願っております。
by zorroshop | 2011-06-23 20:56 | select
あ~素晴らしきミルグレイン
ミルグレイン(ミル打ち)=宝石を留めた枠や地金の縁に、鏨(たがね)を使って細かい玉状の刻みを入れていく技法。
エドワーディアン期(1901年~1910年)のプラチナジュエリーに多用され、繊細な雰囲気を醸します。



30メートル離れた所から見れば、恐らくネックレスもリングも、何となくしか見えないでしょう。もしかしたら見えないかもしれません。

10メートルまで近づいて、運が良ければローズカットダイヤの煌めきが目に飛び込んでくるかも。

1メートルまでにじり寄ると、おおよそのデザインが見えてくるでしょう。

30センチまで詰め寄って、初めて「あれ?もしかしてミル?」

20センチでようやく「やっぱりミルだ!」

勢い余って10センチまで顔を近づけると、近づきすぎてもうピンボケです。
この辺りからはルーペを使うのが正しい作法です。


f0180864_16233520.jpg
f0180864_16235773.jpg
K18YG/Diamond(Necklace:0.10ct/Ring:0.11ct)


で、今回のネックレスとリング。
少し大きめなミルなので、50センチあたりで「やっぱりミルだ!」となるでしょう。

ネックレスもリングも、メインにはローズカットダイヤ。
その脇には小さなブリリアントカットダイヤを使用。
二種類のカットを併せているあたり、欲張りです。
昔から「欲は張るもんだ」と教えられてきたので、いいんです、これで。

逆に、リングの腕はかなり細くて控えめに・・・美しい細さです。
そしてそこにミルが打たれているもんですから、実際以上に細くみえちゃいます。
欲は張っても、美しく。 ここがポイントです。


この二つ。揃いのデザインになっているので、セットで欲しくなります。

我慢してどちらか一つ・・・。
でもいいんですが、思い切ってドーン!とセット買いされると、その先には素晴らしき世界が・・・。
そんな楽しみ方があってもいいと思うのです。
by zorroshop | 2011-04-16 18:40 | select
やっぱり赤です
f0180864_1234726.jpg
K18YG/Ruby 0.25ct

元気の出る色といえば、やっぱり赤。
そして赤といえば、やっぱりルビー。
まるで、闘牛士の持つ赤いフラッグのように四角いルビーのプチペンダント。
さりげないダイヤもいいけど、色・形ともに主張の強いこんなペンダントもなかなかいいもの。

ただし、闘牛のようなタイプの人が突進してくる可能性ありです。
まぁ、それもイイですが、くれぐれも注意してくだ・・・・・・・・えっ、嬉しい? 
確かに最近では貴重なタイプかもですね、闘牛タイプ。

そんな意見もあったりしつつ、今日は写真多めでお届け。
f0180864_1243217.jpg
f0180864_1243880.jpg
f0180864_1244455.jpg

写真で見ると大きく見えますが、実物はかなり小さめ。
ルビーのサイズは、3mm×5mmです。
ホントに「プチッ!」という感じ。

物足らん!という方には、もっと大きなルビーもございますが、この「プチッ!」というのがこのペンダントの良さでありまして、でかけりゃイイという訳ではないのでありまして、どうぞ鼻息を荒くなさらず、それじゃあなた闘牛みたいですよ!
by zorroshop | 2011-03-21 12:48 | select
K18YG Pearl Necklace
遅ればせながら、先日のルースフェアのご報告を。
今回特別に企画したバロックパール展は大変好評で、初日から結構賑わっておりました。
お越しくださった皆様、ありがとうございます!

透明感・キラキラ感のある宝石とはまた違った魅力を放つパールは、
その独特の優しさで、いつの時代でも人気。
これからも素敵なパールをお届けしていきたいと思います。

f0180864_1436999.jpg
K18YG/Pearl

というわけで早速、今回のフェアに合わせて作ったオリジナルネックレスをご紹介。

イタリアのゴールドチェーンを使って、ケシパールを間に散らし、Y字のセンターには開閉式のオリジナルプレート。お好きな長さのところで留めてお使いいただけます。
二重巻きにするとチョーカーサイズとなり、センターのプレートが存在感を放ちます。

f0180864_1436157.jpg
レースの模様を浮き出させたプレートは、微妙な陰影を作りながら目を惹きつけ、細かな細工が施されたチェーンと相まって、アンティークの雰囲気に。
これからの季節、こういう長めのネックレスをシンプルなセーターにあわせても素敵ですよ。


それにしても今日は寒くてびっくりです。それこそセーターを着ても良いくらい・・・
びっくりしつつも、スキーシーズンが近づいてきたということで、気持ちはウホウホ♪
スキーが日本に伝わってからちょうど100年ということで、絶滅危惧種となりつつある、革製のスキー靴を購入してしまった身としては、早く試してみたいところなのですが、それ用のスキー板の方がまだ手に入らず。
どの板にしようか?悩むのもまた楽しく・・・早くも頭がスキーモードに切り替わってきています。
by zorroshop | 2010-10-27 16:29 | original
パールネックレス用パーツ
f0180864_12192869.jpg

ZORRO製あり、ドイツ製ありの各種ネックレス用金属パーツ。
パールのみのネックレスとは、一味違った雰囲気に。
フォーマル仕様だったパールのネックレスが、気軽に使える出番の多いネックレスとなる。
その変身ぶりは、パーツの為せるわざ。

写真の他にもいろいろあります。

明日からいよいよルースフェア。
今回の目玉は何と言ってもバロックパール。
南洋パール・淡水パール・ケシパールなどなど、様々な種類のバロックパールをご覧いただけます。
バロックパールを使った素敵なイタリアのジュエリーや、パール以外の宝石ももちろん多数ご用意。

是非この機会にご覧になってみてください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


f0180864_1238823.jpg

by zorroshop | 2010-10-20 12:44 | original
日常にパールを
f0180864_12355447.jpg
K18YG/Pearl


今週の木曜日から始まる、秋のルースフェア。
集められたバロックパールからお好きな大きさ・形のパールを選んで、こんな感じのネックレスも作れます。
普段にも使いやすい、華奢な雰囲気。
カジュアルなシーンにもマッチします。

日常にパールを・・・おすすめです。
by zorroshop | 2010-10-19 17:02 | original



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
10月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1101)
(410)
(276)
(136)
(104)
(77)
(69)
(68)
(64)
(63)
(61)
(58)
(56)
(55)
(54)
(53)
(53)
(49)
(47)
(47)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.