タグ:ピアス ( 61 ) タグの人気記事
「今日の岩壁」 第五弾
鉱物好きな方にも、ジュエリー好きな方にも喜んでいただけるようにと、両方一緒に紹介してしまうという画期的なシリーズ「今日の岩壁」

今回はヒスイの原石をお届け。しかも二種類!

まずは一つ目。
ジュエリーに使われているような綺麗なヒスイを見慣れている皆さんにとっては、「どこが?」という感じでしょうが、かすかに緑色になっている部分があるのがお分かり頂けるでしょうか?
この石からは良質なヒスイは望めませんが、こう見えてもれっきとしたヒスイなのです!
f0180864_15125176.jpg

K18YG/Lapis Porphyrites green of Greece/Diamond

ピアスが無ければ、山の写真みたいですね。
あっ、ピアスに使われている緑色の石は、ヒスイではありませんよ。ちょっと珍しい石です。
詳細は後ほど説明しますね。

二つ目はもう少し分かりやすいようにと、ヒスイの緑色の部分が研磨されたもの。
石の表面の色からは想像できないほどの緑色が現れています。
f0180864_15582381.jpg

K18YG/Lapis Porphyrites red of Egiptian

こういうのを見ちゃうと、その辺にころがっている石がとても気になってきます。
もしやヒスイが・・・・な~んて。
間違ってもころがっていないでしょうけどね。
でも、ヒスイは日本でも産出するので、あるべき所にはあるんですよ。
明日からは、ころがっている石ころにも要注目です!

さて、そろそろピアスのご紹介を。

どちらのピアスも、ローマ生まれの「Maria Favilli-マリア・ファビッリ」という女性アーティストの作品。
使われている石は緑色のも赤色のも「ポルフィリテス」と呼ばれる古代のものです。
紀元前2世紀頃、古代エジプト(赤)・ギリシャ(緑)で採掘されたものがローマに運ばれ、西ローマ帝国の歴代皇帝のみが所有していたもの。
宮廷御用達となり、主に住宅や重要公共建築の装飾に使われました。
現在これらの宝石は、国家芸術遺産の法律により保護・保証されているそうです。

そんな石に合わせて、デザインも古代の雰囲気。
ゴールドを艶消しの仕上げにすることで、石との相性もぴったりです。

日本ではあまり見られない石ですので、是非一度御覧になってみてください。
by zorroshop | 2009-04-25 18:48 | select
Green Quartzのピアス
桜の花びらが吹雪のように舞っています。
まわりの空気もうっすらピンク色に見えて、本当に綺麗・・・

そんな季節に、こんな淡い雰囲気のピアスが届きました。
f0180864_1384616.jpg

K18PG/Green Quartz

イタリアのデザインで、ピンクゴールドと淡いグリーンクォーツの組み合わせ。

石のカットが両面ともチェッカーズカットになっているので、後から見ても「裏」という感じがなくて綺麗な仕上がりに。
耳たぶより下がるタイプのピアスは、裏側も見えるので結構重要なポイントですよね。

周りの縁も凝った細工になっていて、アクセントとなっています。


春の柔らかい光の中で、きらきらと優しく煌めくピアスです。
by zorroshop | 2009-04-09 14:37 | select
最小限の留め方
f0180864_1385816.jpg

K18WG/Diamond 0.4ct


ダイヤの周りをよく見ると、留めてる爪が見当たらない・・・
そのままダイヤがむき出し状態。

実はこれ、「レーザーホールダイヤ」と呼ばれるダイヤを使ったピアスなんです。
ダイヤの縁ギリギリの所に小さな穴をレーザーで開け、そこに輪を通してぶら下げるという、最小限で石をセッティングできる方法(今のところ)。
周りに金属が無いので思いっきり光を浴びたダイヤが、いつまでも小刻みに揺れています。
揺れを止めたくたって止められない・・・

耳の縁でキラキラと揺れるダイヤは、まるで水のしずくのようです。
by zorroshop | 2009-03-18 14:03 | select
Lineシリーズ
f0180864_1526749.jpg

K18YG/Diamond


今回はご存知の方も多いと思われる、ZORROの定番中の定番。
人気の「Lineシリーズ」をご紹介します。

1996年の発表以来、13年にわたって作り続けられているシリーズです。
自然な感じに刻まれたつや消しの溝の中に小さめのダイヤがさりげなく輝き、大げさではなくそれでいて存在感のあるデザイン。
ZORROの得意とする、自然の中のモチーフからインスピレーションを受けた雰囲気を兼ね備え、画一的ではないナチュラルな魅力に包まれています。


このデザインはリフォームやオーダーの際にも人気で、お手持ちのメレーダイヤを散らしたり、色石をメインにしたり・・・もちろん地金の種類やボリューム感も自由にお選びいただけます。

キズが目立たなく、普段使いにできるのも人気の理由の一つ。
マリッジリングとして選ばれる方も多いです。

ZORROのテイストを良く表しているアイテムの一つです。
by zorroshop | 2009-03-12 18:14 | original
アザミのピアス
f0180864_1254267.jpg

SV/Citrine/Marcasite


スコットランドの国花、アザミ。
イギリスへ行くと良くこのモチーフに出会います。
触ると痛いそのトゲで、外から来る敵から国土を守る意味合いがあるとか。

独特なその形に惹かれて、ジュエリーなどには良く使われています。
ラウンドカットの淡いシトリンを中心に使い、葉や花の部分はマルカジットで表現。
左右のシトリンの色味が若干違うのはご愛嬌。

縦15mm 幅18mmという小振りなサイズで、トゲに似合わず可愛らしいピアスです!
by zorroshop | 2009-02-14 11:20 | antique
波紋
f0180864_12211573.jpg

K18YG

見た目がとても軽やかで 思わず足取りまで軽くなりそうなピアスです♪

実際 耳に着けると左右に別れてしまうのですが 家ではずして置いておくとき
重なった感じがまるで水の波紋のよう・・・

f0180864_1228082.jpg


ジュエリーが さりげなくテーブルの上やお皿の上にある空間って好きです。
何か物語が始まりそうで・・・
自分と共に長い年月を過ごしてきたジュエリーは 特別な存在になっていきますよね。

ZORROで過去にお作りしたジュエリーの写真を見ても それぞれを作ったときの記憶が
注文してくださった方のお顔と共によみがえってきて 一つのストーリーができます。

ジュエリーは思い出と共に・・・どこかの広告コピーみたいですね(笑)
by zorroshop | 2009-02-05 11:11 | select
格子
f0180864_11214814.jpg
K18YG


イタリアからのピアスです。

レースのような、着物の柄のような、はたまた格子窓のような・・・見事なオープンワークです。
鏡面カット仕上げがなされているため、ゴールドだけで作られているのにキラキラとした煌きがとても美しく、着けているだけでついつい表情が明るくなってしまう・・・そんなピアスです。

24mm×14mmと大きめのピアスですが軽く仕上がっていて、さらに裏にはイヤリングクリップタイプの留め金具が付いているので安心。


小さなピアスでは物足りなくなった方におススメです。
by zorroshop | 2009-01-26 11:22 | select
揺れるオレンジジェイド
f0180864_14555075.jpg

K18WG/Orange Jade/Diamond

ジェイド(翡翠)と言えば綺麗な「緑色」を思い浮かべますが、結構色数が豊富な石なんです。
緑以外でそこそこ知られているのは「ラヴェンダーヒスイ」という名前で呼ばれる薄い紫色。その他に白・赤・黄・茶・黒などがあります。

今回ご紹介するのは、そんな中からオレンジ色のジェイドが下がっている少しオリエンタルな雰囲気のピアス。デザインはシンプルなのにオリエンタルな感じがしてしまうのは、やはりジェイドのなせるわざ。半透明で微妙な色合いが独特なのでしょうね。

肩の上で可憐に揺れるオレンジの石・・・今の季節だとマフラー選びが楽しくなりそう。


ちなみに宝石図鑑によると、「ジェイド(翡翠)」という呼び名はジェイダイト(硬玉)とネフライト(軟玉)の総称で、かつては同じ石として「ジェイド」と呼ばれていました。 
しかし、1863年フランス人によって違う鉱物であると解明され、7000年間同じ名前で呼ばれていた石にそれぞれの名前を付けたそうです。
先史時代から人々に愛されたジェイド。宝石としてだけでなくその強靭さを買われ、武器や道具にも利用されたとか。ジェイドのペーパーナイフとかあったら使ってみたいです・・・・
by zorroshop | 2008-12-16 11:12 | select
使い込まれた雰囲気
f0180864_15581936.jpg

K18YG

履いているうちに色が剥げ落ち、ようやく自分に馴染んできたデニムのように・・・・
過酷な使用に耐えているうちに表面の塗装が剥げてきて、中から真鍮の色が出てきた貫禄のある古いカメラのように・・・・

そんな使い込んだ味のある雰囲気を上手に使ったイタリアのピアスです。
すべてイエローゴールドで作られていますが、チェーンの数本だけその上に黒いメッキがかけられています。
チェーンが揺れるたびにこすれてメッキが少しずつ剥げ、全体で見たときの微妙な色合いを作り出しています。
全部に黒メッキをかけていないところが憎いですね。ツートンカラーのチェーンが揺れる様はとても表情が豊かです。

真新しい学生帽や学生鞄・ランドセルが恥ずかしくて、わざとつぶしたり汚したりしては親に怒られていた・・・そんな方にはお勧めです!これなら怒られるどころか逆に褒められますよ!
by zorroshop | 2008-10-23 16:40 | select
サンゴのピアス
f0180864_16575338.jpg
K18YG/Coral/Onyx/Labradorite

オリエンタルなデザインのピアスです。

サンゴの赤とオニキスの黒の組み合わせに、ラブラドライトが絶妙な味付けを。
耳の下に長く下がって揺れる様は、見る人を魅了します。


現代では洋服や和服に合わせてジュエリーを探す方が多いのですが、その昔はジュエリーに合わせて服を選んでいました・・・・いい時代です!
このピアスも合う服を探すのが楽しそうです!
by zorroshop | 2008-10-08 17:00 | select



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
12月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1130)
(421)
(281)
(136)
(107)
(77)
(74)
(69)
(64)
(63)
(61)
(58)
(56)
(55)
(54)
(54)
(53)
(49)
(49)
(47)
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.