タグ:ブローチ ( 54 ) タグの人気記事
ホースシュー(馬蹄)ブローチ
f0180864_1714232.jpg

K14/Blue Moonstone/ヴィクトリアン期


昨日からスタートした、アンティークフェアー。
初日から大勢のお客様にご来店いただき、いろいろなお話をする事ができました。

アンティークジェエリーもメタルビーズのバッグ達も、皆さんの賛辞を浴びて少し誇らしげ?
どれも往年の輝きを取り戻しています。

メタルビーズの展示は明日土曜日まで。
どうぞ目の保養に、表参道までいらしてみてください。
驚愕の超絶技巧を目にする事ができます!


写真はブルームーンストーンを使ったヴィクトリアン期(1837~1901年)の馬蹄型ブローチ。
馬蹄は欧米では幸運を招くおまじないの意味があります。
開いた方を上に向けて飾ると、その中に運が舞い込むとか。
逆に着けると運が逃げていくそうなのでご注意を!

グラデーションに並べられた石の中に、綺麗なブルーの揺らめき・・・・
サイズは24mm×21mmで、ジャケットの襟元やニット・ブラウスに合わせると、とても上品です。
by zorroshop | 2009-02-20 13:50 | antique
ハーフパールのバーブローチ
f0180864_16313395.jpg

K9/Pearl


ハーフパールを用いた、ヴィクトリアン時代後期(19世紀末)のバーブローチ。
パールを留める爪が細かなアクセントとなり、ゴールドの少しくすんだ色合いとパールの優しい雰囲気が上品な感じを醸し出しています。

アンティークならではの長い年月を経てきた重みも加味されての事ですが、パールを並べただけの構成なのに、これだけ雰囲気を出せるのはさすがですね。

しっかりとした作りで、大きさも小振りなサイズ。
洋服の色を選ばず普段使いにも最適です。
by zorroshop | 2009-02-15 17:20 | antique
ツバメのブローチ
f0180864_13513331.jpg

K18YG/Ruby/Seed Pearls


今月の19日からスタートするアンティークフェアーに向け、イギリスで買い付けてきたアンティークのアイテムをしばらくご紹介していこうと思います。

今回はかわいいツバメのブローチ。
ツバメはアンティークで良く使われているモチーフの一つです。
封筒を大事にくわえて飛んでいるツバメ。
中には大切な人へ綴られた手紙が入っているのでしょうか。
良い知らせを運ぶ、幸運の鳥・・・

カボションカットのルビーで表現された少し大きめな目が愛くるしく、羽にはパールがセッティングされています。
丸い平らなゴールドの板に、間の取り方が絶妙な感じで彫られた手彫りの線・・・
とても繊細で綺麗です。
サイドは透かしになっていて、手間を惜しまず作られた細かい仕事がなされています。

直径約22mmという丁度100円玉と同じ大きさの中に作られた世界・・・
是非、実物を御覧になってみてください!
by zorroshop | 2009-02-13 11:23 | antique
SKI合宿
この週末は、毎年この時期に行われるZORRO恒例のスキー合宿へ行ってきました!

いつもZORROのスタッフみんなで行くのですが、今年は一緒に参加してくださったお友達が大勢いて、合わせて大人15名・子供2名・犬一匹・猫2匹の大所帯!

スカッとした青空のもと、スキーはもちろん、薪割り・温泉・ふきのとう採り さらにZORROのBOSS(オーナーのことです)がいつもこの時に「セイロンカレー」を作ってくれます。
インドカレーとは味が少し異なり、コレがまた美味!
食後はギターのライブありゲームありで、食べて飲んで歌って踊って 顔が筋肉痛になるほど笑った楽しい時間でした!
今回参加してくださった皆様、ありがとうございました!

次回のスキー合宿は3月。今度は新潟へ行きます!

f0180864_15212841.jpg

K18YG

あまりの楽しさに写真を撮るのを忘れてた為、慌てて今日ZORROにあるスキー関連のアイテムを撮影。
昔のスキー板とストックの形をしたブローチ。
素朴でかわいい雰囲気です。
by zorroshop | 2009-02-10 15:47 | ZORRO裏話
ラーバカメオ
f0180864_15534421.jpg

K14/Lava/19世紀中期?


今回ご紹介するのは 「ラーバ」 と呼ばれる火山の溶岩を彫刻した、アンティークのカメオブローチ。

ラーバはカメオに使われる素材のなかでは最も柔らかいため、かなり自由に彫刻する事ができます。そのためレリーフ状のものだけではなく、今回のブローチのように完全立体となっているものも良く見かけます。

ラーバ独特の渋い色合いのなかに、薔薇のブーケを手にした少女の姿が見事に彫られ、顔の表情や洋服のひだ、帽子に飾られている鳥の羽、など 細かいディティールが見る人を楽しませてくれます。

f0180864_16204484.jpg


25mm×20mmという小さなサイズですが、見ごたえ充分。
小さな彫刻作品として、額に入れてお部屋に飾っても素敵です。
by zorroshop | 2009-02-06 09:19 | antique
節分
f0180864_1826662.jpg

海竹(シーバンブー)


今日は節分。
なので 「鬼」 といきたいのですが、「おかめさん」 と 「お豆」 を・・・・・・。
ではなく、 手前にいる 「布袋様」 のピンタックをご紹介します。

見てください、この素晴らしい笑顔!
もう何もいりません。 日頃の悩みも飛んでいっちゃいます。

これを胸元に着けて、出会う人達に幸せを振りまきましょう!
でも今日はとりあえず豆を振りまきましょう! 鬼は~外、福は~内!
by zorroshop | 2009-02-03 18:44 | select
一輪の薔薇
f0180864_1822918.jpg

Coral/K18WG


胸元に一輪の薔薇を・・・

サンゴを彫刻して見事な薔薇を表現したピンタック。
レリーフではなく完全立体のため、とても存在感があります。

サンゴのなめらかな質感と相まって、柔らかい空気をまとった薔薇・・・
いろいろな服に似合いそうです。
by zorroshop | 2009-01-24 11:17 | select
エドワーディアンのブローチ
f0180864_1423320.jpg

SV/K9/Diamond/Pearl/1900年代


1901年から1910年の期間、英国ではエドワード7世の時代。日本では明治時代後期。

この頃にヨーロッパで作られたジュエリーのスタイルは「エドワーディアン様式」と呼ばれ、それまでの「ヴィクトリアン様式」の持つ重厚なスタイルとは反対に、繊細で上品なデザインが特徴とされています。

当時流行したフェミニンで優しい色合いのファッションに合わせて、レースやリボンをモチーフにプラチナ・ダイヤ・パールを使った色味の薄いジュエリーが人気だった時代・・・

今回ご紹介するブローチは、まさにその時期に作られたもの。
オールドヨーロピアンカットのダイヤをメインにパールが揺れるタイプで、細い曲線にはミル打ちが施されています。ダイヤの裏も透かしになっていて、光を通しダイヤを輝かせています。

地金は主にSVを使い、裏側にゴールドの板が全体に貼られています。ブローチピンもゴールドを使用。これは、SVの柔らかさを補うとともに、衣服にSVの黒く変色した色が付かないようにするため。当時でもSVよりプラチナの方が高価で人気があったのでしょうが、SVのいぶされた黒色も逆にダイヤを目立たせています。もちろん磨いてあげれば白くなりますのでお好みで・・・

サイズも30mm×40mmと小振りなので、使いやすい大きさ。
ダークな色・淡い色どちらの服にも合わせられる雰囲気を持っています。
by zorroshop | 2008-12-22 17:03 | antique
Angel
f0180864_14124188.jpg

SV/Pearl

ZORROのエンジェル。
今回はピンタックにしてみました。

全長(身長ではなく足の先から手の先まで)たった22mm。 彫刻的な作りのエンジェルは、見ていて飽きない素敵な魅力に包まれています。
可愛く揺れる淡水パールは、写真の星型以外にも色々な形があります。クロス型だったりドロップ型だったり・・・・

f0180864_14444448.jpg


コートやジャケット・セーターなどに合わせたり、帽子や鞄につけても素敵です。
もちろんSVだけでなく、YGやPGなどでもお作りいたします。また、パール以外の石を下げることもできますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

f0180864_14445769.jpg

by zorroshop | 2008-12-19 16:04 | original
カメオブローチ
f0180864_17341894.jpg
k15YG/Shell Cameo


詳細な年代は不詳ですが、恐らく19世紀中期のヴィクトリアン時代のもの。

当時、カメオはヴィクトリア女王が愛好していたためにとても人気が高く、多くのイギリス人がヨーロッパ中から本場のカメオを持ち帰ったとされています。

デザイン的には「考古学主義」や「自然主義」が流行していた時代。
遺跡から発掘された装身具のデザインや技法に刺激を受けて復元をしたり、花や動物などをモチーフとしたアクセサリーが作られていたそうです。

今回ご紹介のブローチは60mm×50mmと大振りなので、額などに入れてお部屋に飾っておかれても素敵です。

かつてのカメオ職人と金細工職人の見事なコラボレーション。
腕を振るったその見事なまでの細工をどうぞ見にいらしてみてください。
by zorroshop | 2008-09-20 18:19 | antique



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
5月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1044)
(390)
(263)
(136)
(100)
(77)
(64)
(63)
(62)
(61)
(58)
(56)
(56)
(54)
(53)
(51)
(49)
(46)
(46)
(44)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.