タグ:ペンダント ( 56 ) タグの人気記事
Cross Pendant
f0180864_1485862.jpg

K18YG/Diamond 0.20ct

ダイヤを使っていながらも素朴な雰囲気を漂わせ、静かに佇む細身のクロスペンダント。
先端のダイヤを3本爪で留めているため、まるで四方を指し示す矢印のように見えてきます。
写真では大きく見えますが、26.5×17.5mmというサイズ。

ありそうでないデザインのクロスです。
by zorroshop | 2009-07-11 19:07 | select
秘密が一杯
f0180864_18112384.jpg

見かけはただのボール型ペンダント。
普段は誰も目にとめない・・・

でも、ある時これが姿を変え、そこからもの凄いパワーが!・・・・・・出るかどうかは分かりませんが、出るんじゃないかと思わせてくれるもの。

f0180864_18151267.jpg

Left : K14/SV
Right : K9YG/WG


19世紀末~20世紀初頭にフリーメイソンの会員が所有していたというマジックボールのペンダント。
球体を開くとクロスのような形状になり、フリーメイソンに関連する様々なモチーフ(コンパス、定規、ピラミッド、すべてを見通す目、ダビデなど)が彫られています。

ちなみにフリーメイソンはかつて石工職人のギルドだったそうで、
『会員同士の親睦を目的とした友愛団体。イギリスで発生し世界中に派生した男性の入社的秘密結社(「非公開団体」といっている)である。』 (by wikipedia) とあります。

映画などの影響から、なにかもの凄~く恐ろしい秘密でもあるのかと思っていたんですが、意外とそうでもないらしく・・・米国では「石を投げればフリーメイソンにあたる」と言われるくらい会員が沢山いるそうです。

でも「秘密結社」っていう響きが、怪しいにおいプンプンで、ちょっと覗きたくなるような・・・
知られざる凄い何かがやっぱりある気がするのですが・・・あって欲しいだけなのかな。

ダヴィンチ・コードなどでも、さりげなく出てくる「フリーメイソン」
会員なのにまだ持っていないという方は是非!
会員じゃない方も特別にご購入いただけます!
by zorroshop | 2009-07-07 19:11 | antique
petit pendants
f0180864_16354657.jpg
K18YG/Brown Diamond

イエローゴールドを溶かして作った、オリジナルのプチペンダント。
金に熱を加えて溶かしながら、水滴のように表面張力でキレイに膨らんだところで、ちょっとだけイタズラ?をしてみました。

液体だった金はちょっかいを出された瞬間に形を変えながら固体へ変わり、その形をとどめながらゆっくりと冷えていく。
形が気に入らなければまた溶かす。
気に入る形になるまで 溶かしてはイタズラ の繰り返し・・・

微妙にちょっかいを出したり、思いっきり手を出してみたり。
イタズラの度合いによってその違いが形に現れて、同じ重さの金塊とは思えないほど様々な形になって出来てきます。

そんな中から、さらに惹かれる形を見つけ出す。
まるで自分だけのお守りを探すように・・・・

f0180864_16391128.jpg

こちらのアイテム、お手持ちの地金を使ってのオーダーも可能。
いつでも身に着けていたくなる、お守り的なペンダントです。
by zorroshop | 2009-06-26 19:37 | original
でんでんむし
6月になって、いよいよ梅雨の時季ですが、じとじとする梅雨だって楽しんじゃうのが日本人。傘とか雨そのものとかカエルとか、梅雨をモチーフにしたものが色々とありますよね。

でんでんむしもその一つ。
実物は嫌いでも、モチーフとして使われている分には逆にかわいい!という方も。
赤いルビーが湿り気がちな気分を元気にしてくれそうです!
f0180864_13471453.jpg

Pendant
K18WG/Ruby/Diamond

でんでんむしと言えば・・・
「でんで~んむしむしむしでんでんむし!」
出題者がそう歌いながら指をなぞり、周りの人は今のが「良いでんでんむし」と「悪いでんでんむし」のどちらなのかを言い当てるという遊びがあるのをご存知ですか?

ZORROの合宿では恒例の遊びで、一度答えがわかると簡単なんですが、わからない人には結構難しくて、「何でわかるの?」という感じ。
自分だけわからなくて悔しがる姿を見て、答えを知っている人達は笑い転げる・・・という何とも大人なんだか子供なんだかという遊び。
まあ、大人がやるから面白いんでしょうね、きっと。

この遊び、知りたい方はZORROへいらした時にお教えします。
結構盛り上がりますよ!
by zorroshop | 2009-06-11 19:48 | select
近未来
「明日から二泊三日で宇宙旅行。ジュエリーは何を持って行けばいいかしら?」
近い将来、そんな相談を受ける日が来そうです。

そんな方にお勧めなのが、これ。
(写真が何だか近未来っぽく撮れたからだけなんですが・・・)

f0180864_17295183.jpg

K18WG/Diamond
25mm×15mm


宇宙で役立つスペシャルな機能とかはありません。
ただただ綺麗なだけ・・・
淡いブラウンカラーのバケットダイヤがぎっしりと埋め込まれ、周りを白いメレーダイヤの帯が取り巻くイメージで、とても立体的なデザイン。

アーモンド型の形もボリューム感を楽しみつつ、スッキリとした印象に・・・
短めのチェーンやオメガタイプのネックレスに合わせると素敵なペンダントです。
少し加工してあげれば、ピンタックやピンブローチなどにも変更可能。
男性が着けてもお洒落です。

もちろん宇宙だけでなく地球上でもお勧めのアイテムです!
by zorroshop | 2009-05-19 20:02 | select
サファイアのカメ
「連休だ!さあ、どこへ行こう?」
f0180864_15461417.jpg


「やっぱ島でしょ!」
f0180864_15482667.jpg

Brooch & Pendant
K18WG/Sapphire 1.320ct/Diamond 0.530ct

そう言って、カラフルなサファイアの甲羅を持つカメさんは、
海を渡ってアフリカ大陸の東に位置する、マダガスカル島へ行きました。

皆さんはどちらへ行かれますか?
by zorroshop | 2009-05-01 23:59 | select
クラシック音楽
f0180864_15411820.jpg

Brooch & Pendant
K18WG/Diamond/Mother Of Pearl/Onyx


ZORROの店内ではインターネットラジオを利用してクラシックのバロック音楽を流しているんですが、いい感じだな~と思う曲が流れた時、パソコンの画面をチェックすれば、その曲の題名・作曲者・演奏者などがその場で分かるのですごく便利。

そのお陰で恥ずかしながら初めて知ったのが、有名な作曲者(例えばバッハとか)になると、それぞれの曲に通し番号が付けられているという事。
クラシック音楽にありがちな「何なに調の何とか第何番、何とかのための何とか」という長~い曲名を覚えなくても、その通し番号をチェックしておけば、後ででも調べやすいんです。

有名な作曲家でも番号が無かったり、作曲順ではなく楽譜の出版順のものもあったりと何やら複雑そうですが、とりあえずクラシック音楽素人の自分にはナントありがたいこと。
これは画期的!と一人で関心しちゃいました。


最近気に入っているのは、BWV1004~1006辺り。
BWVというのがバッハの曲に付いている記号で、数字が通し番号。
これは、バイオリンソロのための無伴奏曲の何とか・・・?(番号で覚えているので曲名が曖昧・・・)
「これ本当に一人で弾いているの?」という感じの超絶技巧的なところがありながら、綺麗なメロディーなのが気に入ってます。
あとはBWV1007辺りのチェロの曲も深みがあっていいですね~♪


というわけで、新しい店舗に移転してから、結構クラシック音楽を楽しんでいます!
by zorroshop | 2009-04-24 17:15 | select
「今日の岩壁」 第四弾
いろいろな宝石は目にした事があっても、元々どういう状態で地球に埋まっていたのかまではなかなか知らないもの。
それをご紹介するのが、シリーズ「今日の岩壁」!

本日は第四弾、ガーネットの原石です。
f0180864_17162632.jpg


なんだか宝石の綺麗さを想像しづらいくらい地味にゴツゴツしておりますが、白い岩の間に見える黒っぽいのがガーネット。
赤い色の印象的なガーネットは、こんなふうになっているんですね。

ここから周りの岩を砕いて取り出し、カットして研磨していくとジュエリーに使われているような宝石になっていくわけです。
もちろんそこには質や大きさの問題もありますから、磨けばどれでも綺麗な宝石になるというわけではありません・・・・選ばれたものだけが宝石となるわけです。


そんな選ばれたガーネットを使って作られたのが、今回ご紹介するペンダント。
f0180864_17154521.jpg

K18WG/Diamond/Garnet


全面にカットの施されたガーネットが、ダイヤに負けじと先端で揺れる様がとても可愛らしいペンダントです。
長めに下がるデザインで、胸元をスマートに演出。
季節柄、大きく開いた胸元に如何ですか?
by zorroshop | 2009-04-22 18:58 | select
ダイヤモンドの蝶
今日は久しぶりに自宅から店まで自転車で来てみました。
朝から身体を動かすのはやっぱり気持ちイイ!
今くらいの季節が丁度いいです。夏になるとどうしたって汗をかいてしまうので・・・・

そんな道すがら、蝶を目にしました。う~ん、春っぽい!
という訳で、今日は蝶のペンダントをご紹介。

f0180864_1717569.jpg

K18WG/Diamond 0.2ct

蝶はいろいろなジャンルで良くモチーフに使われていますが、今回ご紹介するのはフェミニンな感じのペンダントです。
二匹の蝶が舞っているようなデザインで、パッと見だと花のようにも見えますね。
少しチェーンから下がる感じになるので、胸元で蝶が揺れてとてもかわいいですよ!

明日の日曜日、東京の天気は晴れの予報。
蝶のようにヒラヒラフラフラとどこかへ行くつもりです♪
by zorroshop | 2009-04-18 18:26 | select
Bird Seal
二羽の鳥が抱き合っているような、微笑ましいデザインのシール(印章)です。
印面にはグリーンメノウが使われ、表からでも隙間から緑色がのぞいて見えます。(文字は入っていません。)
f0180864_14184587.jpg

K9/Green agate

シールとは封書などを封印するために使われたもので、印面には持ち主の紋章やイニシャルなどが彫られていました。

元々は男性の持っていた懐中時計の鎖にぶら下げられていた事が多く、幾つも束で下げる人もいたとか。今で言う、携帯電話のストラップみたいです!
きっと新しいものを手にしては自慢し合っていたのでしょうね。

後に女性にも広まり、現代ではペンダントとして使われることの多いアイテムです。
by zorroshop | 2009-04-16 15:50 | antique



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
5月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1044)
(390)
(263)
(136)
(100)
(77)
(64)
(63)
(62)
(61)
(58)
(56)
(56)
(54)
(53)
(51)
(49)
(46)
(46)
(44)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.