タグ:ルース ( 47 ) タグの人気記事
Inclusion
f0180864_1743351.jpg
Diamond/0.98ct


Inclusion(インクルージョン)=宝石の内部にある含有物などのこと。


宝石の価値を決めるときに調べられる、インクルージョン。
肉眼で見えるものから、ルーペや顕微鏡などを使わないと見えないものまで大きさは様々。
宝石が形成されるときに取り込まれたものが多く、他の鉱物の結晶だったり、土壌物質だったり、液体やガスだったりと内容も様々。
もの凄い圧力によって生じたヒビや割れ目もインクルージョンに分類されている。

「不純物」 とか 「キズ」 などと呼ばれ、宝石の透明感や美しさに影響してくる、なんて言われてしまうと、そんなの出来るだけ無い方が良いように思えてしまうけど、逆にインクルージョンがあることによって価値が高まるものもある。
スタールビーやスターサファイアなどは、ルチル状(針状)のインクルージョンが無ければスターは現れないし、ロシア産のデマントイドガーネットでは、「ホーステイル」と呼ばれる馬の尻尾のようなインクルージョンが美しく入っている方が値段が高かったりする。

そんな特別なものでなくても、インクルージョンはある意味「天然である」という証とともに、人間の指紋のようなもの。写真の「魅惑のインクルージョン入りスライスカットダイヤ」も、同じものは手に入らず、この中に、ウン十億年という壮大な地球のドラマが詰まっているのかと思うと、「不純物」も「宝物」に見えてくる。

f0180864_18344879.jpg

インクルージョンとはあまり関係ないけど、この写真は J.B.タベルニエ という人がインドに旅をした後、1669年にルイ14世に売ったダイヤモンド20個を示した図版。
色んなカットがある中に、一枚目の写真にあるダイヤと似た雰囲気のカットがあって面白い。
by zorroshop | 2011-01-19 19:51 | ルース
Green Sapphire
f0180864_18185574.jpg
Green Sapphire


その年の”流行カラー”というものがあるようですが、今年は何色なのか?
正確なことはいざ知らず、何となく、というか勝手に”グリーン”な気がしてます。
なんで?と聞かれてもうまく答えられないくらい、ただ何となく・・・
しいて言えば、今年はグリーン系の石に興味をもたれる方が多いからか。
それとも、いつも机の脇に置いてある手のひらサイズの観葉植物が、最近やたらと元気だからか・・・

そんな、「勝手に流行カラー」のグリーン系サファイアを集めてみました。
どれも渋く、いい感じのグリーンです。

f0180864_18192100.jpg
2.63ct
この中では一番淡いグリーン。
色が途中で分かれているバイカラータイプなので、色合いに深みがあります。


f0180864_1819884.jpg
2.46ct
こちらは一番濃いグリーン。
カットがちょっと変わってて、表面がまっ平。裏側のカットが透けて見えてモッダ~ンな感じ。


f0180864_18191416.jpg
3.45ct
ダイヤ型にカットされたこちらは、裏表同じようにカットされた薄型タイプ。
色といいカットといい、アンティークの雰囲気に良さそうです。


f0180864_18192148.jpg
1.84ct
こちらは少し小さいバージョン。表と裏でカットは違いますが、同じくダイヤ型。
ペンダントにするかリングにするか、どちらにしても素敵なので悩むところです。


秋が近づいてきて、こういう渋い色合いが気になり始めます。
by zorroshop | 2010-09-15 19:37 | ルース
これ、な~んだ?
f0180864_13432487.jpg
上 1.72ct / 下 1.59ct


これ、な~んだ?

梅雨のジトジトを払拭するかのような、漆黒の漆皿に盛られた、何やら不思議なもの。
色は綺麗な黄色だし、真中には暗黒の星雲のような模様が入っているし、横から見たら「超」が付くほど薄っぺたいし・・・
おっ!表面がキラッキラしてるぞ!こ、この輝きはまさか・・・・・



この問いの正解率3% (なんとなくその位・・・多分)

答えはそのまさかのダイヤモンド。
このダイヤを実際に見ても、大抵の人が「えっ?これダイヤなの???」という感じ。
言われなければダイヤとは判らないダイヤの一つです。

以前にも少しだけご紹介しましたが、スライスカットされたダイヤで、とても薄く、向こう側が透けるほど。お陰で、カラット数の割りには場面(見た目の大きさ)が大きくなってます。
リングにもペンダントにもいい大きさ。下に下がるタイプのピアスなんかも綺麗そう。

他にも、透明感が強くホワイトグレーな雰囲気のタイプや、赤味がかったものなどもありますが、どれも形や大きさ・色味が一点ずつ異なるので、気になる方はお早めに!
by zorroshop | 2010-06-17 16:35 | ルース
Pink Diamond -Rose Cut-
f0180864_12474344.jpg
Pink Diamond -Rose Cut-/~0.1ct~


明日からの、ぞろ市。
こんなめずらしいダイヤも出ます。

ピンクダイヤ・・・まぁ、最近ではちょくちょく見かけるようになってきた感がありますが、今回のピンクダイヤはローズカット。ジャジャ~ん!
これ、なかなか見ないです。結構レアもの。
これで幸せな日々をお過ごしいただけます!
by zorroshop | 2010-05-26 15:38 | ルース
Rose Cut Diamond
f0180864_20291516.jpg

最近人気のローズカットダイヤモンド。
17世紀頃から18世紀後半にかけて主流だったカットで、その頃に作られたアンティークジュエリーでよく見かけることができます。

かつては、アンティークの補修用だったり、現代のカットにリカットするためのものだけだったのが、近年のアンティークジュエリー人気や、シンプルでナチュラルなファッションの傾向から、新たにローズカットに研磨するのが盛んになってきています。
そのお陰で、10年前ではなかなか市場に出回ってなくて、欲しくても探すのに苦労しましたが、今では様々なサイズ・色・形のものが手に入るようになってきました。

裏が平で表はドーム状にふくらみ、三角のファセット(カット面)が並びますがカット数は少なく、現代のダイヤよりも遥かにキラキラ感が少ないカット。どちらかと言えば細かいキラキラよりも大きめなファセットに反射する大胆な光を楽しむカットで、ロウソクの炎でも綺麗に輝くと言われるように、控えめな主張でありながらも存在感のあるカットです。


f0180864_149268.jpg

by zorroshop | 2010-04-28 21:36 | ルース
Padparadschah
f0180864_134055.jpg
Padparaschah Sapphire/1.052ct/Sri Lanka


Padparaschah(パパラチャ) - シンハラ語(スリランカの言葉)で「蓮の花」の意。

サファイアの中で最も希少とされる色。
もともとスリランカで極少量しか採れず「幻の石」と言われ、オレンジともピンクとも言えない微妙な色合いからこの名がつけられている。

同じ花でも微妙に違いがあるように、パパラチャサファイアにも微妙に異なった色がある。
オレンジに近いものや、ピンクに近いもの。
でも、ある基準を超えてしまうと、それはパパラチャとは呼べず、オレンジサファイアもしくはピンクサファイアと呼ばれてしまう。

ぎりぎりのところでパパラチャから外れてしまった、そんなサファイアもまた魅力的だが(価格も含め)、今回のサファイアはスリランカ産のパパラチャ。一時問題となったマダガスカル産ではありません。

名前の由来を知っているからだと思うけど、暖かな空気を内包していて、南国のけだるくそして甘い香りがしそうな、そんな宝石。

Padparaschah・・・いい名前だと思う。
by zorroshop | 2010-04-22 15:29 | ルース
Fancy Cut Diamond -Sliced-
f0180864_12554313.jpg

Diamond
left:1.06ct/right:0.56ct


五日前に仕入れた二つのダイヤモンド。
またしてもブログでご紹介する前に行き先が決まってしまいました。右の赤い方・・・
左のオリーブイエローの方はショップでご覧いただけます。
出会いって大切です。このダイヤも角を曲がったらばったり!という感じで出会ってしまいました。

どちらも珍しいスライスされたダイヤモンド。ちょっとやそっとじゃ見つからない。
横から見るとホントに薄いのに表面がほんのわずかにカットされ、キラキラと上品な輝き方をします。

このダイヤが何になるか今から楽しみ。リングにもペンダントにもいい大きさです。
by zorroshop | 2010-02-03 17:36 | ルース
Diamond -Pearshaped Cut 1.05ct-
f0180864_11164357.jpg

Diamond/1.05ct/Pearshaped Cut


しゃべりたいのに我慢していたけれど、こらえ切れずにブハッ!とする感じで、久しぶりの文章付きです。 こんにちは。
(お正月に引いたおみくじに「今年は沈黙していなさい」と書かれてたんですが、どうやら守れそうにない・・・)

ルースをご紹介するのも何だか久しぶり。
今回は先日入荷したばかりのダイヤをご紹介。

このダイヤ、グレイッシュなイエローブラウンという魅力的な色が特徴。我々もそこに一番惹かれました。ただのブラウンダイヤでもなくイエローダイヤでもない、微妙な色合い。
同じ色を探そうと思ってもなかなか無いのがいい所。
カットもとてもきれいなペアシェイプ。
普通とはちょっと違う、何か特徴のあるダイヤをお探しの方、是非見にいらしてください!


・・・と書こうと思って写真も撮ってあったのですが、嬉しいことに店頭に並べた次の日、早速行き先が決まってしまいました。
なので、写真だけお届け。

他にも 「これダイヤなの?」 と思うくらい変わったダイヤが入荷したので、そちらも近々ご紹介します!
by zorroshop | 2010-02-01 16:00 | ルース
4.035ct
4ct以上のダイヤをお探しの方へ・・・・

f0180864_16465544.jpg

Diamond 4.035ct / G / I-1


ZORROのルースフェアーは、いよいよ明日8日から。
台風と共にスタートです!

スタッフ一同、暴風雨に耐えながら(?)皆様のお越しをお待ちしております!
by zorroshop | 2009-10-07 19:36 | ルース
Pink Tourmarine
f0180864_17513440.jpg

Pink Tourmaline


ピンクトルマリンは、もう一つの10月の誕生石。

トルマリンといえば、肩こりに効く!とか、水が美味しくなる!とかで一時期大ヒットしましたよね。
和名では「電気石」と呼ばれていますが、いろいろ言われている効果も、ちゃんと科学的根拠に基づいているようなので、一度試してみるのも面白そうです。

まあ、それはそれとして、純粋に美しさでも人気です。
写真のピンクトルマリンは、優しく温かみのある色味で、形がかなり長めのペアシェイプなのが特徴。
イヤリングとペンダントのセットなど、お揃いのデザインで複数のアイテムを作られるのに最適です。


にしてもルースフェアー、天気がなんだか心配。 初日、暴風雨って・・・
どうぞ完全防備でいらしてください! 台風の中お待ちしております!
by zorroshop | 2009-10-06 19:11 | ルース



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
11月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1116)
(416)
(278)
(136)
(106)
(77)
(70)
(69)
(64)
(63)
(61)
(58)
(56)
(55)
(54)
(53)
(53)
(49)
(48)
(47)
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.