タグ:ルース ( 47 ) タグの人気記事
Opal
10月だし、来週はルースフェアーだし、というわけで今日はオパールのルースをご紹介。

ゆらゆらと怪しく七色に輝く表情が、いかにも「宝石っぽい」ということで人気のオパール。
実は名前の由来の一つに、「宝の石」を意味するインドの言葉「upala」から、というのがあるほど。
常に水を含んでいる石で、衝撃に弱いため、取り扱いには要注意です。

今回ご紹介するのは「ボルダーオパール」と呼ばれる母岩付きのもの。
オパールの層が非常に薄いため、母岩も一緒に研磨されたものですが、色の出方によっては高価なものも・・・

一つめは、印象派の画家「クロード・モネ」の絵画のようなボルダーオパール。
f0180864_1624494.jpg

光を描いたモネの細かい筆のタッチみたいな斑(ふ)の出方をしています。
見ようによっては、モネの描いた「睡蓮」シリーズのどれかに色合いが似ているかも?


お次は同じボルダーオパールですが、その中でも遊色効果がはっきりと現れ、見る角度によって同じ所の色が劇的に変化するオパールです。

f0180864_14544840.jpg

一見地味めなオパールですが、見る角度を変えると・・・

f0180864_1455541.jpg

少しグリーンがかってきました。でもまだ地味め。
さらに角度を変えて・・・

f0180864_145775.jpg

ややっ!何だか鮮やかなブルーが出現!そして・・・

f0180864_1457543.jpg

おぉ~、すごい極彩色!これぞ「ザ・オパール!」って感じ。

f0180864_14592967.jpg

反対側から見ると、さっきまでブルーだった所がまるで燃えているかのような色に!
もうミラクルです!



ぜひ実物を御覧になって見てください。
思わず「おぉ~!」と言っちゃいます。
by zorroshop | 2009-10-03 19:11 | ルース
Bicolor Sapphire
9月の誕生石 サファイア。
サファイアと言えば「青!」という感じですが、実は赤以外全ての色味を持っています。

赤い色になると、それは「ルビー」と呼ばれます。
サファイアとルビーは、同じ「コランダム」という鉱物で、色が違うだけなんです。

f0180864_17474864.jpg

Sapphire


写真のサファイアは、「バイカラー・サファイア」と呼ばれる、色が二色にわかれているタイプ。
これがまた可愛らしいんです♪
四角いカットだと、「オーラソーマ」という占いで使われる二色のオイルが入ったボトルのようですね。

写真が上手く撮れずぼやけた感じになっちゃいましたが、本当はもっと透明感があって、色もはっきりしているのでとても綺麗なんです!是非実物を御覧になってみてください。

ちなみにバックに写っているのもサファイア。
こちらはカットされていない結晶そのままの形。
こういう雰囲気がお好きな方には、堪らないほどの深い味わいがあります。
by zorroshop | 2009-09-14 18:54 | ルース
記念日
f0180864_1714508.jpg

Diamond 0.525ct


自分だけの大切な記念日。
誕生日や結婚記念日だけではない、人の数だけあるその人だけのいろいろな記念日。

小さな出来事でも、その日を記念日にして毎年思い出してみる。
そこに、さりげなく贈り物があったら、さらに忘れられない記念日に・・・
もちろん自分で自分に贈るのも、ありです!


今日はこのZORROblogをスタートした日という記念日でした。
この一年で書いた記事を数えたら、ジャスト200件。
昔から、夏休みの宿題でつけた(つけさせられた?)絵日記以外は日記をつけようと思っても三日坊主で終わっていた自分が、ブログなんかできるかな?と思っていたんですが、それにしてはまあまあかなと・・・勝手に思っております。

お陰様で、見てくださる方の数も増え、反響も少しずつ出てきています。
「いつも見てます」の一声に応えるべく、益々やる気です!

ZORROにはまだまだご紹介したいアイテムが沢山あります。
今まではZORROを通過していく感じだったジュエリーが、ブログに足跡を残していくことで、お客さんにも我々スタッフにとっても有意義なものになっている気がします。

そして、やっぱり美しいものが好き! という気持ちが益々あふれてきてます。
この美しいものを是非皆さんにも見ていただきたい!という気持ちでいっぱいです。
これからも、たくさんの美しいものをご紹介していくつもりですので、どうぞお楽しみに!


さ~て、今日は自分に何を贈ろうかな♪
by zorroshop | 2009-09-03 19:10 | ZORRO裏話
Ammolite
f0180864_1859397.jpg

Ammolite/22×26mm/Canada産


「アンモライト」はアンモン貝(アンモナイト)が化石化し、その表面にアラゴナイトという物質が付着してイリデッセンス効果(遊色効果)を発する、まさに化石と宝石の両方の側面をもつ自然の造形物。

赤や青、緑など一つの石の中に様々な色合いを見せるものがありますが、今回のものは綺麗にグリーン一色。
多色のアンモライトを見慣れた目には新鮮です。

人工ではない自然が生み出した色。
ペンダントやブローチにしたらとても素敵になりそうです・・・
by zorroshop | 2009-08-25 20:22 | ルース
Flanders Cut
f0180864_16121594.jpg

Diamond
Flanders cut/0.324ct


Flanders Cut (フランダースカット)・・・・
犬のヘアーカット名ではありません。 ダイヤのカット名です。

このカットに関して調べてみると・・・

「ダイヤモンド取引およびカット・研磨の中心として有名な、ベルギーのフランダース地方アントワープを発祥とするカットで、ダイヤモンドの原石を贅沢に使った最新のブリリアントカットのひとつ。 ごく一部の百貨店や高級宝飾店などでしか扱われておらず、入手が難しく非常に高価で価値の高いカットの最高ブランドと言われています。鑑定書には『オクタゴナル・モディファイトブリリアンカット』と表記され、俗称で『フランダースブリリアントカット』とか『フランダースカット』などと呼ばれます」

だそうです。
どうやらZORROはいつの間にか高級宝飾店の仲間入りをしていたみたいです。
by zorroshop | 2009-07-01 17:50 | ルース
Imperial Topaz
f0180864_161461.jpg

Imperial Topaz 1.98ct


先日入ってきたばかりの「インペリアルトパーズ」

この「インペリアル」という名前には意味があって、1883年、アメシスト(紫水晶)を加熱すると黄色になることがわかり、それが「ゴールデントパーズ」の名前で大量に売りさばかれたことから始まりました。
水晶なのにトパーズという名前を付けた事で混乱が生じたため、本当のトパーズには、主産地であるブラジルを統治していた皇帝、ペドロ2世にちなんで「インペリアル(皇帝)」の名が使われるようになったそうです。

皆さんもご存知かと思われる「シトリントパーズ」という石は、トパーズではなく黄水晶の事で、大半がアメシストを加熱処理して色を黄色くさせたものです。

そんな名前に由来のある「インペリアルトパーズ」には数種類の色味があって、イエロー・オレンジ・ピンク・そして「シェリーカラー」と呼ばれる、シェリー酒に良く似たやや赤みを帯びた色調などがあります。
今回ご紹介するルースは、オレンジ系。
シトリントパーズに比べ硬度が高いので、輝きがあるのも特徴です。
インペリアルの名に恥じない、気品のある宝石です。

トパーズは11月の誕生石ですが、それまでとてもじゃないけど待ちきれず、ついついご紹介してしまいました!
by zorroshop | 2009-06-12 19:30 | ルース
Brown Diamond -Rosecut-
思わず買ってしまう、変形カットのダイヤモンド・・・
「違う機会にでも・・・」 と思っていると、いざ!と言う時に見つけられない。
いらない時には沢山あるのに、探すとなると全然ないというのは良くあるお話。

人と同じ、宝石も一期一会の気持ちで接しています。

f0180864_14461553.jpg

Brown Diamond -Rosecut-
Left 0.64ct / Right 0.29ct


写真のダイヤは、甘く優しい雰囲気の「ローズカット」
その優しさのせいか、最近ローズカットはZORROで人気があります。
カラット数のわりに、見た目の大きさが大きいのも理由の一つですが、何よりクラシックなデザインに合わせやすいので、アンティークやさらに古代の雰囲気がお好きな方に大変好評です。

カラーがブラウンなので、より一層深い趣があって、イエローゴールドやピンクゴールドと組み合わせたら素敵そう・・・・
リングにもペンダントにも丁度良い大きさです。
by zorroshop | 2009-05-18 16:54 | ルース
イメージすること
目の前に置かれた素材から形をイメージする。
何も無いゼロから作るのではなく、素材の力を借りながらものを作っていく。
自分の方へ強引に引き寄せるのではなく、素材の方へ歩み寄る感じ・・・・

ジュエリーに限らず、ものを作る時に感じる気持ちです。

f0180864_14531076.jpg


「バロックパール」
自然が生み出した、一つとして同じ形の無いもの・・・・

あらゆる角度から眺め、デザインを考えていく。
抽象的だったり具象的だったり、その中間だったり・・・・

さあ、皆さんならどんなデザインにしてみますか?
素材の語る答えは一つではありません。

イメージは曖昧でも大丈夫。
皆さんの頭の中にある何となくなイメージに輪郭を与えたり、実際に形にするのがZORROの役目。
どんどんイメージしてみてください!楽しくなってきますよ!
by zorroshop | 2009-04-17 15:16 | ルース
Shade "Horse"
f0180864_18234113.jpg

Agate


ドイツフランクフルトから南西に130km行った所に、イーダオーバーシュタインという街があります。
ここは550年の歴史ある宝石研磨地。
この街で生まれ育った若き女性マイスターの手によって丁寧に彫刻された、馬のカメオ。

アゲートと呼ばれる石のブルーグレーと黒の層を上手に生かしながら、馬の身体の陰影を見事にとらえているとても繊細な仕事・・・
派手さよりもしっとりとした趣で、馬でありながら「静」を感じつつも、体内の熱い「動」をも感じさせるデッサン力・・・


さあ、これを何にするか。
リングにも出来る大きさだし、ペンダントにもしてみたい・・・
これぞルースを手にした時の楽しみです!
by zorroshop | 2009-04-02 09:42 | ルース
デマントイドガーネット
f0180864_17162983.jpg

Demantoid Garnet(Namibia産) 1.27ct/2pcs


ここ数日、東京はホント暖かいです。
今日も5月の連休並みの気温だとか・・・
着るものが薄くなって、足取りも軽やかになりますね。

そんな爽やかな季節にぴったりの色味を持つのが「デマントイドガーネット」です。
知る人ぞ知るこの石、実は色石の中で一番テリがあると言われ、「デマントイド」という名前も「ダイヤモンドのような」という意味合いから付けられました。
その名の通りキラキラとした輝きは、なかなかのもの。

鮮やかな緑が印象的な石ですが、その中でもロシア産とナミビア産のものがあり、こちらはナミビア産。
ロシア産に比べて色味が明るめなのが特徴です。

微妙に色が違うため、お好みでお選びください。
今なら二つともありますよ!
by zorroshop | 2009-03-17 19:44 | ルース



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
7月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1057)
(393)
(265)
(136)
(102)
(77)
(66)
(64)
(63)
(62)
(61)
(58)
(56)
(54)
(53)
(53)
(51)
(49)
(47)
(46)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.