タグ:London ( 56 ) タグの人気記事
ブタとハート
f0180864_2034224.jpg

K15/ヴィクトリア期


「愛とは何か?」




それについては別の場所でお話しするとして、今回はハートモチーフのとても小さくて可愛らしいブローチです。
縦横のサイズは20mm×19mm。
イギリスでこれと出会った時、小さなサイズにこのデザイン、そして表面の彫り模様に一目惚れしてしまいました。ハートの部分も「いかにもハート」ではなく「なんとなくハート」なのもお気に入り。

子供の時、「宝物箱」と呼ぶ箱があって、今見ればガラクタ同然なのですが、当時の想いを考えると捨てるに捨てられず・・・(←いまだに捨てられない)
そんな宝物箱に入っていそうな雰囲気。
洋服や帽子などに着けるとリボンの下のハートが揺れて可愛らしいですよ。


うしろで顔をちょこっと出しているブタもイギリス産。
白蝶貝を削って作られたもので、こちらもお気に入り。
残念ながら非売品ですが、いつもお店にいるので会いに来てください!
by zorroshop | 2009-03-31 12:09 | antique
チェリーアンバー
f0180864_16444611.jpg

Cherry Amber/85cm


昨夜自宅の外へ出てみたら、目の前の大きな桜の木が密かに花を咲かせていました。
枝の先端にほんの少しだけ・・・
東京もいよいよ春ですね。
やっぱり、桜が咲くと何だかワクワクしてきます!
ここからはあっという間に咲いていくんでしょうね。
早速、花見の日程を決めなくちゃです。


そんな桜を記念して、今日ご紹介するのは「チェリーアンバー」と呼ばれる赤い琥珀のネックレス。
イギリスで見つけてきたものですが、実に綺麗な赤色です。
光に透かすと茶色味を帯びた赤色で、まるでブランデーを固めたよう・・・

琥珀とは、数千万年~数億年前、地上に繁茂していた樹木の樹脂が土砂などに埋もれ化石化したもので、いわば「樹脂の化石」。
中に虫が入った「虫入り琥珀」は、映画「ジュラシック・パーク」でもお馴染みで、「ロマン」という言葉が似合ってしまう石です。

そんな琥珀の中で、希少性のあるのがこのチェリーアンバー。
淡い色の服でもダークな色の服でも、しっかり赤が発色してとても綺麗です。
赤と言っても、深い味わいのある赤なので、意外と着けやすいんですよ。
さらに表面にはカットが施されているので、柔らかいきらめきがあります。
85cmという長めのサイズですが、琥珀は塩水に浮いてしまうほど軽いので、着けていても苦になりません。

かつて同じ重さの金と琥珀が交換された事から、「北方の金」といわれた琥珀。
琥珀色の飲み物を片手に、ネックレスを光に透かしながら琥珀の歴史を紐解いてみるのも面白そう・・・
いや~ロマンですね!
by zorroshop | 2009-03-21 18:57 | antique
なるほどリメイク
f0180864_135673.jpg


今回ご紹介するものは、思わず「なるほど!」と言いたくなるもの。

1900年前後の古い銀のスプーンやフォークなどの「柄」の部分を使って、新たに拡大鏡へリメイクされたもの達です。
銀だけでなく、白蝶貝のものもあり、それぞれデザインも大きさもいろいろ・・・
細工が細かいものもあれば、シンプルなものも。
ちょっとしたギフトにもお薦めです!

f0180864_1527824.jpg


古いからといってあきらめるのではなく、新しいものに変えて新たな役目を吹き込んであげる。いろいろなジャンルで行われている事ですが、こちらの組み合わせも「なるほど!」なグッドアイデアですよね。

そう言えば、ZORROでやってるジュエリーのリフォームも同じ考え方。
眠っている宝石たちに命を吹き込んで、一緒に元気になってみませんか?
by zorroshop | 2009-03-14 18:47 | antique
蝶の羽
f0180864_12303284.jpg

先日、街を歩いていた時に 目の前を鮮やかな黄色い色が横切り、一瞬ハッ!としてしまいました。

その正体は紋黄蝶。

色味の少なめな冬の景色の中に、ひときわ鮮やかな黄色がとても新鮮で、瞬間 身の引き締まる感じがしました。

今回ご紹介するのも、イギリスのマーケットへ行った時、無数にあるものの中で異彩な光を放っていて、目がそこで留まってしまったもの。
蝶の羽を使った、真鍮の小物入れです。
鮮やかな色の羽を蓋の部分へ上手に生かし、サイドには装飾が施されています。
部屋のアクセントになるほどの存在感。

自然が作り出したものの色を見ていると、色見本帳とか普段パソコンやテレビで見ている以上の色を感じます。
人が作り出したものもそれはそれで凄いけど、自然はやっぱり凄いなと・・・・

じっと眺めていると、吸い込まれる様な美しさ。
見る角度を変えると色が変化します。淡い青から深い青、そして赤紫へと・・・

些細なものですが、自然に対しての尊敬の念を少し思い出させてくれます。
f0180864_12312291.jpg

Brass/直径約70mm

by zorroshop | 2009-03-05 15:07 | antique
アイボリーノート
f0180864_1314162.jpg

Ivory


アイボリーつながりで、今日はもう一点ご紹介します。

これはジュエリーではなく、なんとノート!
80mm×40mmの長方形にカットされたアイボリー。
小さな金具をパチッと開けると、扇のごとく広げることが出来る仕組み。
透けるほど薄くスライスされたアイボリーに昔の人は何をしたためたのでしょうか・・・

柔らかめの鉛筆で書けば消すことができ、何度でも使うことができます。
この薄さでよくぞ今まで欠けることなく残っていたなと関心してしまいます。
ものを大事に使っていたんですね。

表紙となる部分に彫刻が施されていたり金属が象嵌されているもの、さらには白蝶貝を使ったものや、各ページに曜日が記されているものがあったりしましたが、今回はあえてシンプルでコンディションの良いものを選んできました。
ちょっと変わった珍しいアイテムです。
by zorroshop | 2009-02-21 14:52 | antique
三羽の鳥のアイボリー
f0180864_18515827.jpg

Ivory/ヴィクトリアン期/44mm×33mm


今回集められたアンティークは製品になっているものだけではなく、こうしたルースもあります。

象牙の彫刻は有史以前から作られていましたが、19世紀に入り装身具として本格的に使用されるようになり、ヴィクトリアン時代に全盛期となりました。
モチーフとしては自然を題材にしたものが多く、植物や動物などが彫られたものが多く見られます。

こちらのアイボリーも森を彷彿とさせる繁みを背景に、水場に集まる三羽の鳥が見事に彫られています。
象牙を彫刻して作り出された、繊細な世界・・・・見事としか言いようがありません。


周りに金属などで縁をつけずに、このままの状態でただブローチになっている場合が多いのですが、こちらはブローチピンなどのパーツがついていないため、そのまま素敵な額に入れて飾るのもおススメです!
by zorroshop | 2009-02-21 12:01 | antique
ホースシュー(馬蹄)ブローチ
f0180864_1714232.jpg

K14/Blue Moonstone/ヴィクトリアン期


昨日からスタートした、アンティークフェアー。
初日から大勢のお客様にご来店いただき、いろいろなお話をする事ができました。

アンティークジェエリーもメタルビーズのバッグ達も、皆さんの賛辞を浴びて少し誇らしげ?
どれも往年の輝きを取り戻しています。

メタルビーズの展示は明日土曜日まで。
どうぞ目の保養に、表参道までいらしてみてください。
驚愕の超絶技巧を目にする事ができます!


写真はブルームーンストーンを使ったヴィクトリアン期(1837~1901年)の馬蹄型ブローチ。
馬蹄は欧米では幸運を招くおまじないの意味があります。
開いた方を上に向けて飾ると、その中に運が舞い込むとか。
逆に着けると運が逃げていくそうなのでご注意を!

グラデーションに並べられた石の中に、綺麗なブルーの揺らめき・・・・
サイズは24mm×21mmで、ジャケットの襟元やニット・ブラウスに合わせると、とても上品です。
by zorroshop | 2009-02-20 13:50 | antique
エドワーディアン期 Diamond Ring
f0180864_043236.jpg

K14WG・YG/Diamond


いよいよ本日より、イギリスで仕入れてきたアンティークジュエリーがZORROの店頭にお目見えです!

昨夜展示をしながら 「あ〜これを買った時は雨が降っていて寒かったな〜」とか「これは一目惚れしちゃったやつだ」とか、「あのお店のおじさん元気にしてるかな?」とかあれこれ思い出しながら並べました。
今回お披露目するのは、どれも自分達が惚れ込んで買い付けてきたもの達です!
皆さん是非見にいらしてみてください!


そんな中で、今回ご紹介するのは、ありそうでなかなか見つからなかったお気に入りのリングです。
一昔前ならいざしらず、手頃な価格で良いコンディションのアイテムが少なくなってしまった最近のイギリスアンティーク事情。
その中でも「リングの良いもの」が少なく感じました。
あちこちで見かける様なデザインではなく、ちょっと特徴のあるものを探していたのですがこれが結構無いんです。
結局これに出会えたのも最終日。


エドワーディアン期に作られたリングで、ちょうど「アール・ヌーヴォー」の様式と重なる時期。
植物を意識した流れるようなラインや上品で繊細な作りなど、エドワーディアンとアール・ヌヴォー両方の特徴が見て取れます。

色石を使わずダイヤモンドのみが使われ、メインのダイヤはオールドヨーロピアンカット。
周りのメレーはローズカットを使用。

手袋の上からはめられるようにとサイズが大きめに作られていますが、サイズ直しは可能なのでご安心ください。
とても可憐で上品なリングです。
by zorroshop | 2009-02-19 09:56 | antique
K14 HUNTER FOB WATCH
f0180864_23244144.jpg

K14/1900年製


ジュエリーだけではなく、こういうのもあります。
K14ゴールド製の懐中時計。

表面に細かい柄が彫られ、当時の持ち主のイニシャルが模様の一部のように入っています。
丸みを帯びた蓋を 面取りされた縁が囲み、シャープさも持ち合わせた甘い感じ・・・・



そっと蓋を明けると・・・・



f0180864_23315439.jpg


薄いクリーム色の文字盤にマゼンダ色の文字。その周りを金色の縁が囲む女性的な雰囲気。
細く繊細な針は、短針と長針で僅かにデザインを変えてあり、それぞれの針に個性を持たせています。

「HUNTER FOB WATCH」と言うのは、狩猟に行くときに使っても壊れないように考えられた蓋付きの懐中時計のこと。馬に乗りながらベストやズボンのポケットから、チェーンに繋がれた時計をそっと取り出して、パカッと蓋を開ける・・・

「そろそろお茶にしませんか?」

優雅ですね。


後にそのハンターケースは本来の目的から離れ、華麗で豪華な装飾が施されたものが増え、一種の装飾部位として発展していったそうです。


ゼンマイが巻かれる時を静かに待ち、いざ巻かれれば「カチカチ」と音をたてながら正確に時を刻む・・・・機械式の時計は、まるで生きているようで愛着がわきます。
しばらく手をかけないでいると、つい「ゴメン!」と言いたくなるような・・・・

直径34mmの小さめなサイズなので、気軽に持ち歩ける大きさ。
是非この時計を可愛がってあげてください!
by zorroshop | 2009-02-17 12:14 | antique
三面シールのペンダント
f0180864_17315920.jpg

K9/Cornelian/Onyx/Bloodstone


三面に石が使われているシール(印章)のペンダントです。
カーネリアン・オニキス・ブラッドストーンの三種類。
それぞれの面にインタリオと呼ばれる彫りを入れ、印章として使われたものです。
回転するように作られていて、その時々で印章の使い分けが出来る仕組み。
こちらはまだ彫りが入っていない状態のもので、平らな面になっています。

石を留めてある爪や、上部の飾り部分の細工に、結構心がくすぐられてしまいます。
チェーンもセットになっていて、薄く角張ったデザインの喜平タイプチェーン。
こちらも9金で、長さは50cmとなっています。
取りはずしできるので、お手持ちのペンダントにもお使いいただけますよ!
by zorroshop | 2009-02-16 11:49 | antique



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
12月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1130)
(421)
(281)
(136)
(107)
(77)
(74)
(69)
(64)
(63)
(61)
(58)
(56)
(55)
(54)
(54)
(53)
(49)
(49)
(47)
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.