カテゴリ:ZORRO裏話( 148 )
受け継ぐ
f0180864_17413922.jpg
Leica MP/Elmar 50mm f3.5


出来るだけ末永く使い続けて欲しい。 そう願いながらジュエリーを創っている。
かつての職人もそう願ったのだろうと思う。 だから、修理というのも大事な仕事。

新たなものを作るだけではなく、壊れてしまったジュエリーや、はるか昔に作られたジュエリーにもう一度活躍の場を与える。それもZORROの役割。

時代を超えて受け継いだものを、さらに次の世代へ・・・
リフォームも含め、ジュエリーの修理もぜひご相談を。
by zorroshop | 2012-05-13 12:20 | ZORRO裏話
Birthday Party
今年のスタッフ誕生日会は、お題を決めて各自持ち寄り式。
以前書いた焼酎パーティーに引き続きいろいろやってます。

f0180864_13554596.jpg
2月-焼酎パーティー


f0180864_1356169.jpg
3月-缶詰パーティー


f0180864_13561448.jpg
5月-瓶詰めパーティー


普段だと買わないようなものも、ここぞとばかりに買えるので、毎回見たことのないようなものが集まり、これがなかなか面白いのです。

それにしても、数がだんだん増えてきているような・・・。 次回はどうなることやら。
by zorroshop | 2012-05-10 17:26 | ZORRO裏話
Photo Magic
f0180864_17203285.jpg
Leica MP/Elmar 50mm f3.5


写真を撮っていると、肉眼で見ているのとは違う光で世界を表してくれる時がある。
プロのカメラマンはそれをコントロールできるのかもしれないけど、素人にとっては想像もしていない光景との偶然の出会い。
まさにPhoto Magic!
by zorroshop | 2012-05-01 13:19 | ZORRO裏話
原宿駅前特別野鳥観察所
f0180864_12133371.jpg
Leica MP/Elmar 50mm f3.5

by zorroshop | 2012-04-26 13:52 | ZORRO裏話
4月初旬のあれこれ
f0180864_19535452.jpg

スライスダイヤの記事を載せていたらあっ!という間に2週間も経ってしまいましたが、4月1日の日曜日、スキーのポール大会に参加してきました。
前回初めて参加したLakeside CUPですが、昨年は一人だけだったテレマーク部門が今年は5人に増え、激戦 ?の末なんとか3位入賞。写真のかわいいリースはそのトロフィーなのです♪

レイクサイドロッヂのサイトはコチラから(今回の写真も載ってます)

で、そんなスキーから帰ってきたら見事に風邪をひき、一緒にスキーへ行ったBOSSと仲良く1週間ほどゲホゲホしてましたが、二人とも花見の頃から体調が復活し始め、春の息吹に吹かれて風邪はどこかへ行っちゃいました。そして気付いたらZORROの玄関に飾ってある植物達が元気一杯になってました。

f0180864_19373143.jpg

f0180864_20141623.jpg
表参道に移転して間もない頃に買ってきたビンカマヨール(蔓日々草)
ずーっと葉っぱだけでしたが、かれこれ4年ほど経って、ようやく花が咲きました!
花が咲くのってホント嬉しい。

f0180864_19374533.jpg
こちらはマサキ。秋・冬と葉っぱが落葉して少々寂しい感じでしたがちゃんと芽が出て、現在葉っぱ増殖中!

どちらも鉢植えという厳しい環境にもかかわらず、精一杯育っております。
やっぱ春だね~♪
by zorroshop | 2012-04-15 15:15 | ZORRO裏話
ハル!
f0180864_15362779.jpg


本日、お花見日和なり。
ミモザの中からコンニチハ!


f0180864_18132637.jpg
f0180864_18162467.jpg


ついでに (と言うか、こっちがメイン) 桜もコンニチハ!

by zorroshop | 2012-04-09 18:21 | ZORRO裏話
ダイヒンミン
f0180864_193214.jpg

雪の多い年にもかかわらず、タイミングを計ったかのように天気は雨。しかも風強し。
天気の神様ありがとう。お陰で朝から晩までトランプ三昧だったよ。

滑れたのは、唯一晴れた初日の午後半日と、雨の上がった最終日の1時間半。
写真はそんなガスった最終日。
体よりも頭脳を鍛えた、そんな今年のスキー合宿でした♪
おそらく脳ミソの皺が一本増えたと思われます。


f0180864_19242958.jpg
レイクの料理は美味しいのです!

f0180864_19244414.jpg
レイクの愛機をモノクロで。

f0180864_19245599.jpg
とある秘境の温泉にて。
この石段が何でできているのか、写真を見てわかる人は相当な鉱物・化石マニアです。

それにしても「大貧民」という名のトランプゲームを考えた人は誰なんだろう?
あの駆け引きはくせになります。今日も仕事が終わってからスタッフみんなでやってしまった・・・。
by zorroshop | 2012-03-07 23:56 | ZORRO裏話
ZORRO焼酎愛好会
商品の動きより作りの動きの方が多い今日この頃。オーダーでお作りしたジュエリーの写真がこれでもかと言わんばかりに続いてますので、今回は唐突ですがお酒の話でも。

f0180864_16471016.jpg

先週、ZORROで焼酎の銘柄当て大会が催されました。
酒好きなZORROスタッフとその仲間達が各自自由に選んだ焼酎を一本持参し、それぞれの講釈を聞いて味や香り、使われている原材料などの特徴をメモしながらまずは銘柄と味を確認するべく一通り試飲。実際に飲んだ感想も自分なりにメモした後、今度は銘柄を隠して再度試飲。そして「これは!」と思う銘柄に番号を付けていくのですが・・・これがなかなか当たらない!今回揃った焼酎は芋焼酎8本に蕎麦焼酎1本。自分は9本中1本しか当てられず、見事なまでの味音痴!芋と蕎麦の違いさえわからない・・・。気を取り直してもう一回チャレンジするも、2本しか当たりませんでした。(今回最高はBOSSの4本正解でした)

で、この飲み方。非常につらいです。普段パカパカ飲んでいるのに、チビチビ味を確かめながらしかもストレートで飲むと結構酔いがまわります。まるで苦行のようです。なので焼酎銘柄当て大会は第一回目にして打ち切りとなりました。
日本酒やワイン、ウィスキーならまだわかるかもしれませんが、焼酎は難しい事が判明。もしもやるなら次回は違う種類のお酒でやるかもですが、つらいお酒は良くないですな。

f0180864_185193.jpg

口直しに飲んだのは、僕の友人から貰ったフレンチウィスキー。(殆ど空になってますが・・・)
スコッチウィスキーが大好きなZORROスタッフも、フランスのウィスキーは初めてで、これがまた「おふらんす」な味で美味しゅうございました。パッケージやボトルのデザインも「ザ・フランス」な感じで、珍しくエスプリの風がZORROに吹き渡っておりまして、遠くにシャンソンが聴こえてきたような・・・。
お酒は楽しく!が一番ですな。
by zorroshop | 2012-02-27 19:45 | ZORRO裏話
満を持して
f0180864_17231757.jpg

前日の夜遅くまでしんしんと雪が降り、当日は朝から晴れ時々曇り、風ほぼ無し。
恵まれたコンディションの中、遅ればせながら今シーズン初滑り。
頭の中がスカッとし、代わりに心地よい筋肉痛がコンニチハ。

f0180864_1432437.jpg
懐かしい感じのスタイルで集合写真を撮ってみる


今年は満を持しすぎて、例年にない遅い滑り出し。
いざ雪の山へ来てみれば、もっと早く来たかったなぁと。

f0180864_15232048.jpg

今回はテレマーク仲間が増え、楽しさもアップ。
そんなこんなで、ようやくスキーエンジン始動です。
by zorroshop | 2012-02-06 17:28 | ZORRO裏話
大聖堂
f0180864_18405871.jpg
Leica MP/Summaron 35mm f2.8


先週NHKのBSプレミアムで再放送された「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」。
偶然初回を観たがために、その後一週間どっぷりとはまってしまいました。

舞台は12世紀のイングランド中世。大聖堂建築という一大事業を軸に、さまざまな人間ドラマが繰り広げられるのですが、韓流ドラマもビックリのドロドロとした陰謀の連続。人間は時代・国を問わずドロドロするものなのですな。

「ブレードランナー」や「エイリアン」などで知られるリドリー・スコット監督が手がけただけあって映画のような迫力。背景や小道具など凝っていて、一気に中世の時代に引き込まれます。

個人的に興味が沸いたのが大聖堂の建築シーン。現代と違い、殆ど人力かつ手作業で巨大な大聖堂を建てていくのですが、「こうやって作っていったんだ~」と、身を乗り出して観てました。完成したものより作りかけのものの方が勉強になるので、もの作りの現場風景はどんなジャンルでも面白いです。知識が乏しかったり技術が未熟だったり見極めが甘かったりで天井が崩れ、人が下敷きになってしまうシーンがあるのですが、なんか今も昔もそう変わらないな~と思ったり。こういう事故は当時よくあったそうです。

それとファッションやジュエリーを含めた当時の生活シーン。この時代は教会が強かった時代。ジュエリーは宗教の為に作られたものも多く、荘厳さを醸すため七宝や色石などが多用され、デザイン的には平面的なものが多いのが特徴です。ジョージアン(1714~1837)とかヴィクトリアン(1837~1901)とか呼ばれている時代よりもさらに昔。否が応でもジュエリーの長い歴史を感じずにはいられません。(6~7000年前の古代文明では、すでにジュエリーがありますからね)
こういうドラマや映画の小道具として、当時のジュエリーを再現する仕事もなかなか面白そうです。


イギリスへ行くとあちこちに大聖堂がありますが、このドラマを観てたら改めて行ってみたくなりました。
by zorroshop | 2012-02-01 18:45 | ZORRO裏話



The official blog for gold & silversmith ZORRO
by ZORRO
Shop info


本日いただいた加工注文の出来上がり予定日は、
8月末頃となります。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
5-44-11-1F
Jingumae,Shibuya-ku,
Tokyo,Japan

Map

Tel:03-5774-8221

Open
11:30~13:00
14:00~19:00

Closed
mon・sun&holidays


Official website


Follow us
カテゴリ
order & reform
original
select
antique
ルース
イベント
お知らせ
ZORRO裏話
タグ
(1185)
(445)
(294)
(136)
(111)
(79)
(78)
(72)
(65)
(64)
(62)
(58)
(56)
(56)
(56)
(56)
(54)
(51)
(49)
(47)
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
検索
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • Copyright (C)zorroshop All Rights Reserved. Not for use without permission.